ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>アルバイトの矢作です。>TZM50Rのメンテナンス
アルバイトの矢作です。

TZM50Rのメンテナンス

初めまして。アルバイトの梅山です。普段はオーバーホールのお手伝いをしています。

今日から会社のTZM50Rのメンテナンスを任されました。来年からミニバイクレースに参戦するそうなのでその為の準備です。

私もバイクに乗っておりレーサーのRM125やNSR250を所有しています。整備は自分でやることがほとんどですが、独学のためまだまだ分からないことだらけだと社長に相談したところバイク整備の基本を学ぶ機会を頂き、これからTZM50Rを整備していきます。

前後のサスペンションに関してはフロントは改造を施し、リアにはFGを入れるそうです。

今日はカウルの取り外しから始め、スイングアームを外しました。車両自体はとてもきれいでしたので固着などもなくスムーズに進みました。

ですがカウルの取り付けがボルトナットそのままとなっており、このままではひびが入ってしまいそうです。組み付けの際にはブッシュを入れようとおもいます。

スイングアーム付け根がベアリングではありませんでした。NSR50の後期型にはそこにベアリングが入っており、入っていない前期型とはやはり動きが違うそうです。ここにはベアリングを入れる加工を施したいと思いました。

次回はフロントのステムベアリングのチェックに移ろうと思います。

 

 201711111393.JPG2017111113935.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sgfacendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1585

ページ上部へ