ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>オーバーホール>ヤマハ・SZR660
オーバーホール

ヤマハ・SZR660

 鎌ヶ谷のお店から依頼があり、ヤマハのSRZ660純正ダンパーをオーバーホールしました。

 ザックス特有の造りは、純正部品が手に入らない立場では作業が不可能なため、造り物で対応しています。今回はオイルシールのはまるホルダに、新たな仕組みで対応し、製作時間を短縮できました。ザックス純正に似た造りながら、一般的なパッキンを採用し、長持ちするようにしています。ザックス純正のオイルシールも長持ちする良い品ですが、ガイドブッシュがない焼結材とロッドが直に触れ合う仕組みは、簡素化以外の何物でもないと考えています。製作した部品は、滑り軸受を圧入してあります。

 ピストンリングも樹脂製から樹脂コーティングの金属製へ交換してあります。これは性能向上よりも、交換可能にするための変更です。シム組も変更し乗り味を少し変えました。そのほか、ロッドは自社製のSGSA14です。

 

2017826113928.JPG2017826113716.JPG2017826113949.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sgfacendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1484

ページ上部へ