ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>2017年8月

2017年8月

TZMのYEC、ちょっとした加工

 またTZMのYECを依頼頂き、作業しています。

 TZMのYECは当社しかオーバーホールを行っていないのかと思うほど、沢山依頼を頂き嬉しく思います。私も10代の頃にTZMにYECで乗っていた縁かも知れません。

 今回は大した事ではありませんが、シリンダーの蓋を少々加工してみました。鋳造の部品の表面を旋盤で舐めただけですが、仕上がりが綺麗なため、部品交換したかのように格好良くなったと思います。

 お金はかかりませんので、同様の加工を希望する方は、一言おっしゃってください。

 

 2017830212433.JPG

加工あれこれ

 CRMの乗り味はかなり良く、書き始めると相当長くなりそうなので、週末に譲ることにします。

 今日は旋盤加工が多く、新しバイトも造ったのでそれらを紹介します。

 FGの部品を製作していましたが、突っ切りに油を使わずゴリゴリ刃押し切ったら、写真のような汚い面になりました。これは後で端面加工をするので、問題ありません。その次に突っ切りで仕上げる品には、ワコーズのTCを存分に使いましたところ、綺麗な仕上がりとなりました。これは薄くてつかみずらいため、一度の加工で終わらせるために、切削油を用いています。

 アッサブの完成バイト8mm角を削り、正面から溝を掘るバイトを製作しました。横移動により、リブ加工もできます。シールヘッドにトップアウトスプリングやリバウンドストッパーを取り付ける加工に便利です。仕上がり面は思いのほかきれいです。8mmを正面から押し込むので、かなりビビると予想したのですが、かなりシャープな仕上がりに、大変満足しています。出来てきたキリコは大槻の表現を借りるなら「チョコレートの包み紙」です。

 

 2017830211155.JPG2017830211214.JPG2017830211236.JPG2017830211251.JPG2017830211310.JPG

良いキリコがでた

 ロッドを造る際に出るキリコが、とても良い感じだったので、ついつい写真を撮ってしまいました。

 正宗のコバルトドリルを使用しています。

 

 20178292059.JPG201782920526.JPG

 愛猫のクロが、CRMの写真撮影中に周りをウロついていたので、撮影しました。

 

 20178297407.JPG201782974027.JPG201782974056.JPG201782974112.JPG

こんな部品も造りました。

 CRMのリアサス脱着時に邪魔になる、エアクリーナボックスとキャブレターの間にあるレゾネーターを外しました。

 その開口部を埋めるため、アルミで蓋を製作し、AR燃焼のセンサーへ行くチューブを連結するアダプタも同時に造りました。一番の狙いはダンパー脱着を容易にすることでしたが、低回転時のギクシャクが大幅に改善するという、副産物も得ました。何か悪い点があるかもしれないので、今後はそれも探ってみます。

 

 201782973741.JPG20178297381.JPG201782973816.JPG

CRM、完成。

  CRMが完成しました。

 3回もブログを書いている際に(しかも長文)、ファイアーフォックスが不正終了したので、気力がなくなってしまいました。

 とりあえず写真で誤魔化します。

 

 201782965919.JPG201782965841.JPG20178296589.JPG

上手くいったり、失敗したり

 昨日は、オイルシールなどが嵌る部品、シールヘッドを複数製作しました。

 午前中はヨシムラカヤバのシールヘッドを、制約がありステンレスで造りました。二つ造りましたが、どちらも一回で上手くゆき、満足していたのですが、午後にSZR660の部品をアルミで製作を始めたところ、細かいミスをして材料を無駄にしたのですが、極めつけはガイドブッシュを圧入する穴グリ加工で、寸法を大きく開けすぎて、一から造り直しになりました。とは言っても、二回目は勘所を掴みとても早く造り直し出来ました。

 失敗した寸法は7/100mmほど大きくしただけですが、滑り軸受の圧入寸法としては致命的で、ガタガタで隙間だらけになります。このガイドブッシュ圧入部の穴グリは、公差をプラス0mm、マイナス1/100mmに設定しています。そのためかなり神経質です。この部分の加工にはアッサブの完成バイトを用いますが、先端はNR無しの尖がり形状です。当社では大量生産しないため、刃先の寿命よりも面の仕上がりを重視して、このような形にバイトを仕上げます。NR無しなので、100分の1の切り込みにもしっかり反応します。

 スローアウェイの交換チップでNRが0.4mmではその100分の1の切り込みでは、面が荒れてしまい上手くゆきません。NR0.2はかなり忠実に反応しますが、NR無しの方がより忠実です。しかし、チップブレーカーが無いので、面倒もあります。

 

 2017826122632.JPG2017826122730.JPG2017826122745.JPG

ヤマハ・SZR660

 鎌ヶ谷のお店から依頼があり、ヤマハのSRZ660純正ダンパーをオーバーホールしました。

 ザックス特有の造りは、純正部品が手に入らない立場では作業が不可能なため、造り物で対応しています。今回はオイルシールのはまるホルダに、新たな仕組みで対応し、製作時間を短縮できました。ザックス純正に似た造りながら、一般的なパッキンを採用し、長持ちするようにしています。ザックス純正のオイルシールも長持ちする良い品ですが、ガイドブッシュがない焼結材とロッドが直に触れ合う仕組みは、簡素化以外の何物でもないと考えています。製作した部品は、滑り軸受を圧入してあります。

 ピストンリングも樹脂製から樹脂コーティングの金属製へ交換してあります。これは性能向上よりも、交換可能にするための変更です。シム組も変更し乗り味を少し変えました。そのほか、ロッドは自社製のSGSA14です。

 

2017826113928.JPG2017826113716.JPG2017826113949.JPG

日々の仕事

 通常業務で多いのは、何と言ってもオイル漏れの修理です。

 中古車販売店様から売れた車両の補修や、長期間の使用で漏れたなどが大半の理由です。車種はスーパーフォア系が圧倒的に多く、オーリンズを含めツインショックは全体の半数を占めます。そのほか、フロントフォークや車体預かりの改造など、珍しい物では機械による部品製作のみなどもあります。

 

 201782319116.JPG2017823191554.JPG2017823191615.JPG2017823191647.JPG

ドゥカティのステアリングダンパー

 1098のステアリングダンパーを依頼頂き、メンテナンスを行いました。

 分解は少々手がかかる程度ですが、ステダンの組み立て時に問題となる体積変化を、新造した部品と組み立て方法により、上手に逃がせました。新品価格は分かりませんが、ロッドがそのまま使用できれば、税抜き¥32,000(初回のみ)です。二回目以降は部品製作の費用が掛からないので、¥20,000程度で終わります。

 

 2017823185721.JPG2017823185746.JPG

ページ上部へ