ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>オーバーホール>再度、油圧ジャッキ
オーバーホール

再度、油圧ジャッキ

 バイクリフトの油圧ジャッキを修理しました。

 BNAZAI製の品ですが、ジャッキ部分はたぶんどちらかのOEMだと思います。

 部品交換と加工を終え、組み立て後にリリーフバルブを緩めたところ、ロッドが下がらず疑問に思いました。色々試し、確認したところ製造時に加工が不十分だったようで、オイル通路がほとんど閉じた状態でした。空気は流れるがオイルは殆ど通さないというくらいに、とても微細な通路のようで、これをドリル加工で十分な物として、ようやく完成しました。

 ほとんどの部品は在庫があり、今までの経験からシール性を高めるための加工を施し、汎用性の高い部品が使えるような加工も行い次回のメンテナンスに備えています。

 価格は内容により上下しますが、基本的な部品交換とオイル交換で三万円程度、初回で加工や新規製作の部品が必要な場合は、おおよそ5万円程掛かります。

 

 201762145150.JPG20176214528.JPG201762145226.JPG201762145251.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sgfacendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1394

ページ上部へ