ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>オーバーホール>旧いドカテイのマルゾッキ
オーバーホール

旧いドカテイのマルゾッキ

 昔の登録証には「ドゥカティ」ではなく「ドカテイ」とありました。それに習い旧車はあえてドカテイと書くとします。

 250ccか350ccのシングルデスモのリアダンパーです。埼玉在住の方からの依頼で作業を行いました。マルゾッキのオイルシールを販売しているお店もありますが、写真のカシメ型は分解できないから、販売がありませんでした。

 今回は純正のカシメを分解し、内部を加工して再カシメで対応しました。スプリングの塗装も施し、綺麗に仕上がりましたので、お客様も満足して下さると思います。

 先日、カシメ型でないマルゾッキのオーバーホールを行いましたが、オイルシールは専用品ではなく汎用品が使えるように、部品を製作して対応しました。写真のダンパーもスライドメタルを入れるように、ガイド部分に機械加工を施しブッシュを入れてあります。純正は12mmのロッドに対し10/100の隙間がありました。圧入したブッシュに関しては3/100で仕上げてあります。

 ブッシュを入れる理由は、純正のアルミとロッド直に擦れ合う構造では、両者の摩耗が激しくオイル漏れの要因になるうえに、動きも悪く性能も出ません。性能が出ない理由はロッドとガイドの隙間からオイルが流れ出るため、オリフィスが大きいのと同様に減衰を立ち上げられないからです。そこで、ガイドブッシュをはめることで、作動性の向上、耐摩耗性の向上とクリアランスの縮小による設計値の減衰を得られるようになります。

 

 2017696488.JPG20176964832.JPG20176964850.JPG20176964914.JPG20176964934.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sgfacendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1377

ページ上部へ