ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>オーバーホール>KX85のKYB
オーバーホール

KX85のKYB

 東金のバイク店からKX85のリアサスペンションの依頼があり、分解しました。

 アルミシリンダーのため、摩耗が進むとオイルが真っ黒になります。本当に墨汁と言った様相です。このダンパーは全ての消耗品が交換できます。気になるのは、自由長、ストローク長に対して伸び切時の勘合長です。もっと長い方がガタも少なく動き出しも滑らかになりますが、自由長は制約がありその中でストローク長を多く取ろうとすると、自ずと各部の寸法が決まります。 

 この個体は以前にオーバーホールを行った形跡がありました。他人の仕事を見ると思うことは多々ありますが、見られて恥ずかしくなく、むしろ丁寧で凄いと思われるような作業が出来るように、心がけます。

 

 201762855626.JPG201762855645.JPG20176285571.JPG

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sgfacendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1409

ページ上部へ