ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>2017年6月

2017年6月

善悪の彼岸、パラダイムシフト

 イタリア語の学習を熱心にしていたころ、イタリア映画をむさぼるように見ていました。その中で古い映画でしたがドイツの哲学者ニーチェの「善悪の彼岸」を基にした作品を見ました。イタリア語では「Al di la' del bene e del male」と言います。

 善悪の彼岸を読んだことはありませんが、概要はキリスト教の観点から世界を見る事への脱却を説いているようです。

 思想とは模範の上にあり、模範の下には哲学がある。つまりは善悪の彼岸とはパラダイムシフトの事と「自分勝手に」捉えています。紐解くとキリスト教の視点、仏教の視点、ユダヤ教の視点もあるし神道の視点もあります。この様に視点を「換え」れば世界観も変わります。キリスト教という宗教のパラダイムを換える事が真理探究には必要だったのではないでしょうか。

 しかし、人間の思考は真理から発生したのではなく、思想から物事を見つめて行き、模範を通り、哲学・真理へと到達します。なぜ哲学を欲するのかと言えば、最も遠い場所に位置しているからかもしれません。逆に思想にとどまり思考を巡らせていては、堂々巡りを繰り返し本当の事にはたどりつかないと思います。

 道路や橋脚、ライフラインと呼ばれる物が社会のインフラストラクチャーならば、思考の下部構造は哲学が相当します。

 良いサスペンションを造りたいと思う時も、まったく同じ構造が当てはまります。ダンパーでは仕上げ精度を保証する機械加工、材料などが下部構造のインフラであり、その上に寸法をどうするか、どんな材料を用いるかと言う上部構造のスープラストラクチャーがあります。セッティングについても同様です。

 昨日はダンパー開発の担当の方と短い時間でしたが、話をする機会を得、上記のような事を考えるに至りました。会話、出会い、経験に触発され思考が巡り、新しい発見があるのは嬉しいく思います。

 

 201763054154.JPG

マルゾッキも部品製作

 静岡県のお店から依頼を頂き、マルゾッキをオーバーホール致しました。

 ロッドは再メッキを施し、オイルシールのはまるホルダも新造しています。オイルシールを販売しているお店が千葉県にありましたが、諸般の事情により採用を見送り、ホルダを造るようになりました。

 ガイドブッシュもアルミ直受けから、滑り軸受にしてオイル室側に置いています。

 古いダンパーを触るといつも思い返す事がります。どんなに高性能で現代的な製品でも基本設定がずれて居れば、無用の長物になります。逆に上手く合わせれば、昔の作りでも過不足なく仕事をします。

 

 201763044622.JPG201763044656.JPG201763044729.JPG201763044746.JPG

部品製作

 受注したFGの為に、特別に3セット部品製作を進めています。

 ビューエルやTMAXに代表される、スウィングアームが押されるとダンパーが伸びる作りです。そのためにはスプリングのセット方法を変える必要があります。数日の間で完成しますので、また詳細を伝えます。

 

 201762944017.JPG

KX85のKYB

 東金のバイク店からKX85のリアサスペンションの依頼があり、分解しました。

 アルミシリンダーのため、摩耗が進むとオイルが真っ黒になります。本当に墨汁と言った様相です。このダンパーは全ての消耗品が交換できます。気になるのは、自由長、ストローク長に対して伸び切時の勘合長です。もっと長い方がガタも少なく動き出しも滑らかになりますが、自由長は制約がありその中でストローク長を多く取ろうとすると、自ずと各部の寸法が決まります。 

 この個体は以前にオーバーホールを行った形跡がありました。他人の仕事を見ると思うことは多々ありますが、見られて恥ずかしくなく、むしろ丁寧で凄いと思われるような作業が出来るように、心がけます。

 

 201762855626.JPG201762855645.JPG20176285571.JPG

 

 

長尺

 POMの80丸、長さ1000mmの材料から必要な分だけ切り出す加工です。

 普段は長くても500mm程度から加工していますが、今回は材料費が安いので定尺で購入しました。当社の旋盤は滝澤の9尺で心間1500mmなので、余裕で作業可能です。ただ、自分自身が初めて行う加工のため、取り付けと心出しに時間が掛かりました。

 

 20176285343.JPG201762853422.JPG

菅生へ向けて

 大槻が業務終了後、週末行われる菅生のレースへ向けCBRのフォークを分解していました。

 201762851437.JPG

SUS303と304

 俗に言う18-8ステンレスの加工についてです。

 普段のカラー制作には303を使っていたので、試しに304で冶具を製作してみました。やはり切削性が悪く、条件を整えなければキリコが帯となってつながり、かなり危険です。今回はたまたまキリコが綺麗に外部へ排出されたため、問題にはなりませんでしたが、場合によっては加工対象に絡み傷がつくため要注意です。そこで、バイトを変え切削条件も変更して綺麗なキリコが出るよに変更しました。

 汎用旋盤は送りを速くすると、キリコが吹っ飛んでくるので結構怖いです。

 アルミも同様なのですが、ステンの切削で1mmも切り込むと熱が凄く、飛んできたキリコで悲惨な目に合うため、今は0.5mmを基準にしています。別件ですが、25mm角のバイトで交換チップのNRは0.4が最小なのでしょうか。小型旋盤用の12mm角のバイトにNR0.2のチップがあり、それを特定の切削に用いていますが、かなり良く削れます。Rが小さいので切削抵抗が小さく、硬い品を削るときにはこちらが有利でした。チップの材質も影響するとは思いますが、今後も研究してみようと思います。

 

 2017627111227.JPG2017627111250.JPG

 

 

TZMのYECを更に改造

 昨年あたりから、TZMのYECに関する依頼が多く、ありがたい限りです。

 今回の依頼は街乗りとサーキットで使うようです。予算よりも内容を重視した依頼でしたから、かなりの改造を施しました。

 ロッドはSGSA14へ交換・拡大し、それに伴いガイドブッシュもオイル室側へ移しフリクションの低減を狙います。オイルシールはFGを流用し、エア抜き用の特殊ボルトもFGを使いました。ピストンリングはいつもの金属バンドですが、純正とは少し変えて取り付けた事で、滑らかな動きを狙います。

 アッパーマウントの焼き付けブッシュは、ドライベアリングとステンレスカラーを合わせ、ここでも作動性を上げるように作り直しました。

 抵抗をなるべく排除して、動くようになった分はダンパーで抑えるのが基本だと考えます。焼き付けブッシュの効果も分かりますが、二輪車では絶対的な優位性はないと思います。ロッドの軸受をオイル室内と外へ置く場合で、どれほどの差が出るかを当社では未だ検証していませんが、製作する場合に二つの大きな理由から、可能な限りオイル室側へ置くようにしています。

 

 2017627104810.JPG2017627104832.JPG2017627104855.JPG2017627104922.JPG201762710504.JPG

二気筒CBRのFG

 昨日は、採寸したばかりのCBR250RRのFGに対する問い合わせがありました。

 採寸させて頂いたお店のお客様が、現在R25にFGを付けており、それを気に入って下さっているようで、新たにCBRへの要望がありました。今週にはFGから大量に品物が届くため、それを活用しようと考えています。

 製作が始まり次第、ブログで紹介いたします。

 

 20176266836.JPG

BMWのステアリングダンパー

 初めてのお店から連絡を頂き、BMWのステアリングダンパーをオーバーホール致しました。

 ロッドガイドが軸受でなく、砲金ブッシュの一体形状でした。しかし、ロッドの当たりは強めでしたが傷と呼ぶほどでなく、お客様の意向もあり研磨で仕上げました。

 このステアリングダンパーは簡単な方法で、減衰の強弱をつけているのですが、切換型なので中間域はなく、2段階にしか変異しません。エア抜きは、組み立ての手順からして完全には抜けきらない形をしています。オイルシールを挿入する際は、特殊な冶具を必要とします。

 

 201762642615.JPG

ページ上部へ