ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>オーバーホール>なんでもかんでも
オーバーホール

なんでもかんでも

 こちらのダンパーはRS125だと思いますが、それをNS50へ流用するためにオーバーホールを行いました。

 ロッドは毎度おなじみのSGSA14です。なんでもかんでもSGSA14にしているわけではありませんが、汎用性が高い寸法なのも事実です。シリンダー径33に対しては若干太いのですが、減衰調整のロッドを貫通させる構造で軸径12.5mmは細いので、やはり14mmを選択しました。

 今後はFGのFFXにロッド径12mmや10mmを試してみようかと思います。狙いは抵抗の低減と、フリーピストンの動きを少なくする2点です。シリンダーと軸径で差し引きされる減衰にも効果があるのか、その点も興味があります。

 これはFFXがツインチューブ構造により、ロッドに調整棒を通さない事で剛性の確保が容易なので、挑戦できます。さらにシングルチューブ構造は、圧減衰の調整にロッドの体積変化も利用しているため、あまり軸径を補足すると減衰が不足するのでは無いかと考えています。逆にこれも試してみたい項目です。

 

 2017519211046.JPG201751921116.JPG201751921129.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sgfacendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1347

ページ上部へ