ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>56disegn sport>NSF250Rの前後ダンパー
56disegn sport

NSF250Rの前後ダンパー

 埜口遥希さんの乗る、NSFの前後ダンパーが作業を終えました。

 簡単な点検を行い、各部の辺りを考慮しながらの組み作業です。フロントフォークのインナーチューブは当たりがきつくなってきたので、そろそろ交換を考えます。リアダンパの内部はそれほどの摩耗は見られませんでした。アウターチューブ内壁の摩耗も見られません。

 リアダンパーのエア抜きは通常よりもしっかりと行います。レース用はエア噛みの問題が大きくなるため、神経質です。ブラダ構造のため、使用時間が多くなるとガスがオイル室へ移動してしまい、写真のようにかなり泡立ってしまいます。

 フロントの構造は一般的な作りなので、エア抜きは油面を整えるのが目的です。これは難しいというよりも、時間を掛ける必要があります。

 

 201733123414.JPG201733116414.JPG2017331164137.JPG201733116427.JPG2017331164230.JPG2017331164250.JPG2017331164316.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sgfacendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1279

ページ上部へ