ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>2017年3月

2017年3月

車の日常整備

皆様こんにちは。アルバイトの矢作です。

今日は、午後からの業務で車の整備を行いました。

エンジンオイルの交換や空気圧の点検など、学校とアルバイトで学んだことを活かし取り組みました。

作業が終わり試乗したのですが、エンジンの音が静かになっており、アクセルの反応に機敏に反応するように変化しました。

そして空気圧の見直しやタイヤを交換したので、転がり抵抗が少なくなりアクセルを抜いていてもスムーズに進むようになりました。

この車はAピラーからの見切りが良く、ブレーキタッチが緩やかでとても乗りやすくていい車だと思いました。

普段の業務は車を触らないのですが、多くの学ぶ点があり、教えてもらったことを活かしつつ、作業を確実にこなせるように成長していきたいと思います。

 

2017325164447.JPG

エア抜きに手を抜かない

 機械を使ってのエア抜きでも、スイッチ一つで作業が終わるわけではありません。ダンパーの形状により、大幅に作業性が変わります。

 写真はVTR1000Fのオーリンズです。リザーブタンクをホースで連結する形状はエア抜きが難しうえに、バネ定数が高い(伴い減衰も強くなる)とエア抜きが難しくなります。

 通常は2~3回で終える作業も、今回は5回を要しました。その間に色々な技術を用い、あれやこれやで何とか抜き切ました。ここの仕上がりが、ダンパーの作動性と持久力の両面に大きな影響を及ぼすため、作業後半の頑張りところです。

 

 201732571438.JPG

瀧澤鉄工所、TAL-510

 瀧澤鉄工所のTAL-510を購入しました。加工業ではありませんので新品ではありませんが、現物確認した限りでは、よさそうな中古でした。

 心間1000mm(7尺)でベッドの上振りは510です。2輪車の業務にはかなり大型(2.3t)ですが、これ一台で汎用機は事足ります。将来はTACシリーズもいいな・・・などと考えてしまいます。

 

菅生へ向け出発

 大槻が桜井芽衣さんのレースサポートで、菅生へ向かいました。

 フォークカラーのカットや予備フォークの製作など、日常業務を終えた夜から始めるので、作業は深夜まで掛かります。何事も情熱とお金がなければ始まりません。レースはそれだけ大変な事ですが、その価値のある行為だと思います。

 

 2017324204052.JPG

GPZ900Rのオーリンズ

 宮城県のお店から、A12,GPZ900R・ニンジャのオーリンズを17インチ用に改造してほしいとの依頼で、作業を進めました。

 基本的にはオーリンズの純正部品で造りました。内部の車高調整カラーとロッドは自作です。

 色々と手を加える部分が多く時間はかかるのですが、以前にZZR1100の車高調整キットをKⅡプロジェクト様と共同開発した経験があるため、問題は起こりませんでした。

 ダンパー長の短い品では車高調整を追加できない場合もありますが、希望のある方は問い合わせください。オーリンズであれば、オーバーホールとロッド交換、その他の消耗品を交換して7~9万ほどで作業可能です。伸び減衰の調整ダイアルカバーを交換すると、かなり綺麗な印象になり満足度アップです。

 

 2017324202251.JPG2017324202323.JPG

ロッド製作多数

 ここ最近は自社製ロッドSGSAを沢山作りました。

 作り置きの品も純正部品を挿入する必要があり、追加の作業を行います。ベースができていても、細かな種類のあるメーカーの品は、最後の帳尻合わせを行います。

 それでも納期は3~5日もあれば十分終わるので、再メッキと比較して短納期を実現できます。

 

 201732420527.JPG201732420451.JPG201732420320.JPG

先ずはテスト走行

 R25のFG、FFX31が完成しました。それに合わせ、仕様変更を繰り返すFQT11(ホース連結リザーブタンク型)も幾つかの加工を終え、出荷となりました。

 協力店の方にはすでに渡し、今週テストを行う予定です。先方からの依頼でここ2~3週間で話が現実性を帯び、急遽製作しました。昨年一年間のFQTで得たデータもあり、大枠では悩むポイントはありませんでした。

 FGのツインチューブFFXの特筆すべき点は、減衰を生むメインピストンと、往復運動によりオイルを動かすソリッドピストンの寸法が素晴らしと感じています。他社でもツインチューブはありますが、減衰の立ち上がりが少々きつい感触です。FGはシングルチューブとツインチューブの中間位の動作をみせます。

 そのほかに、単筒にみられる減衰の応答遅れがほぼ解消されています。これは往復運動をするソリッドピストンが担う重要な役割です。減衰の応答性の良さは、メインピストンが動かずに、ソリッドピストンが動かすオイルにより減衰を生むことが大きな要因かと思います。ここで、二つのピストンの比率が重要になります。

 テストするチームのメカニックさんは熟練工で、勘所を掴んでいるため安心して任せられます。是非テストには立ち合いたいのですが、仕事の都合が付くかわからない現状では、なんとも言えません。

 楽しみな一品です。

 

 201732313924.JPG20173231368.JPG201732313534.JPG

クアンタム

 昨年からクアンタムの依頼が多く、冶具の拡充を考えています。

 正規代理店ではありませんので、クアンタム純正部品は使えません。オイルシールなども部品を加工する場合もあります。

 品物によっては、エア抜きを機械で行えるようになる為、純正状態よりも良くなる場合があります。写真のリザーブタンクを備えた形も依頼が増えつつあるため、エア抜きの冶具を製作しよと考えています。

 どんなダンパーでも持っている技術を最大限に使い、最高の品質を目指します。その持っている技術も日々向上を図り、更に上を狙ってゆきます。

 

 2017322151931.JPG2017322151951.JPG2017322152010.JPG

 

 

超音波洗浄機、日常

 大槻がDトラッカーのダンパーをオーバーホールしていたので、作業途中で写真を撮りました。

 洗浄機の洗い油を交換したので、気持ちよく作業できます。内部洗浄用の液は、汚くなったら外部用の槽へ移して使い、効率よく使います。

 2017322144627.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 VTZのリアダンパーは、ロッドを交換する必要があり、在庫の再メッキ品(割引価格)と自社製ロッドのSGSAを提案したところ、品質の観点からSGSAを選択頂きました。高くても良い品を選んで頂くと、作業者としては非常にうれしく思います。エア抜きを機械で行う特殊加工も受注下さいました。

 

  2017322144957.JPG2017322144928.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 ドリーム店様へ納品した際、前回納品のCB1300SF・SC54が動きが良くなり、乗り心地が明らかに変わったと店員さんから話を聞かせてもらいました。お客様に喜んでもらえるのは嬉しいうえに、改造などではなく通常のメンテナンスにおいても、違いを理解してもらえる事に喜びを見出します。たびたび「一般人は違いなんか判らないから、オイルが漏れていなければ良い」と言われるのですが、このように理解して下さるお客様も居るのを知れば、仕事に対して精が出ます。

 

 201732215146.JPG

 

現車

 昨日はホンダドリーム店様に納品へ行ってきました。

 現車を見ると、細かい作りやマスターシリンダーの径、リアサスのマウント形状など参考になりました。400が5/8マスターで、1300が14mmなのも面白い違いです。握った感触はどちらも大差ありませんでした(乗ったら違うのかもしれません)。

 CBR600RRのABSは、リアダンパーのリザーブタンクを逃がさなければならなくなり、旧来の一体型からホース連結型へ変更になっていますが、ホースへオイルが流れる前に圧減衰の調整ユニットを置き、ホースの変形による応答遅れを解消しています。

 CB1100のエンジンは外観がとても好みです。特にフィンの細やかな部分は特に良い点です。モリワキのフルエキを備えた中古車もありました。純正のような自然な見た目が良い感じです。4本出しのマフラーにしても恰好よさそうです。

 CB1100とRSはスイングアームが鉄とアルミで大きな差がありました。しかし、それ以上に取り付け下部に大きな差があります。写真のRS(アルミスイングアーム)はコの字で受けるのに対して、スタンダードはボルトで締結して終わり(アッパーマウントと同じ)でした。この形だとあまり強い負荷には耐えられそうにありません。タイアサイズの違いはこのような個所にも影響しているようです。

 

 201732273117.JPG201732273057.JPG201732273031.JPG20173227307.JPG201732272935.JPG

ページ上部へ