ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>オーバーホール>ホンダCT250S・シルクロード
オーバーホール

ホンダCT250S・シルクロード

 神奈川のドリーム店様からの依頼で、ホンダCT250S・シルクロードのリアサスペンションをオーバーホールしました。

 カシメ型は容易に組み直しができないため、慎重に作業を進めました。カシメ型のダンパーは殆どの場合、伸び切の衝撃をスプリングで受け止めるようになっています。これはKYB,SHOWAを問いません。最近は違った仕組みもみますが、古くからバネで受ける方が多数を占めています。

 逆にバネで受けない場合は、数十万回に及ぶ衝撃を受けた部材が粉々に砕けてしまい、オリフィスを塞ぎ加減衰なる事がほとんどです。これはKONIも同様です。

 この個体はロッドガイドにスライドメタルを圧入する加工を施し、耐久性と作動性を向上させてあります。一度組み上げると簡単に開ける訳にはいかないので、出来る限りの手を尽くします。お客様の希望で、スプリングは再メッキを施してあります。価格は総計で10万円以上しますが、新品以上の性能を確保できました。

 

 201731820456.JPG201731820537.JPG201731820612.JPG201731820739.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sgfacendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1253

ページ上部へ