ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>オーバーホール>CB1300SF,リアロッド量産化の一歩手前
オーバーホール

CB1300SF,リアロッド量産化の一歩手前

 CB1300SF・SC54のリアサスオーバーホールを、神奈川県のドリームホンダ様から依頼頂き、作業を終えました。

 SGSA14のロッドを量産化へ向け、図面を整え業者さんへと発注しました。そのサンプルと呼ぶべき試作品が完成、検品と残された加工を行い組み付けました。CB1300SFのリアダンパーは内部のセットは変化内容ですが、ダイアル部分やスプリングの方さなどが適正化されています。車高調整の有無を除けば、内部のシム組を変更するだけでかなり良いダンパーになります。

 依頼の多い品は量産し、納期を早める努力をします。初期投資としては安くない金額ですが、春を迎え忙しくなる事を予定して準備にかかりました。この部品を使えば当社の保証期間が9ヶ月と長いため、販売店様にもエンドユーザー様にとっても大きな利益になり得ます。保証期間が過ぎても、作業終了後2年間は割引対象なので、問題が起こった時は連絡してください。

 価格は簡単な形状なら¥11,000から¥16,000円ですが、価格は車両や内容で変わりますので、見積もり時に明示致します。

 

 2017217225050.JPG2017217225031.JPG201721722509.JPG2017217224950.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sgfacendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1211

ページ上部へ