ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>2016年10月

2016年10月

ジェイド250のリアサスオーバーホール

 神奈川県の鶴間にあるTOP様から、ホンダのジェイド250のリアサスペンションを依頼頂きました。

 カシメ型ダンパーでオーバーホールが出来ずに困っている、典型的な車両です。税込みで6万円程度かかりますが、シャフトも新造し、バンプラバーなども新品になっています。オーバーホールの際なら、内部のセッティングも変更可能です。興味ある方は質問ください。

 

2016105221055.JPG2016105221139.JPG201610522126.JPG2016105221228.JPG2016105221244.JPG

Z1の試乗を終えて

 いよいよ完成したZ1の試乗を行いました。

 サスペンションの変更を行う際は、私がばね定数の選定や減衰の変更を施し、サスの脱着は大槻が行うのが慣例です。

 改造を終えたサスペンションを取り付け、先ずは大槻に試乗させます。セッティングについて彼は大きく外す事がなくなりましたので、安心して任せられます。彼のインプレッションを聴いたうえで、次に私が確認して問題点を話し合います。

 Zはフォークが細く、フォークのエアボリューム(油面)の設定が難しいと感じました。更にカートリッジを追加したので、イニシャルアジャスターやトップキャップ、インナーロッドでさらに空気室の体積が減少し、エアスプリング効果の漸進性が強くなり、ストロークの奥がきつかったので油面を30mm下げました。現物測定でロックピースを含めた実ストロークが128mmあり、最初は100mm程度しか使えませんでした。油面を30mm下げ、内部のイニシャル量を7mm抜いたことで115mmまでストロークさせられるようになり、十分な値を得ました。

 ここまで来ると、やっとプリロードアジャスターと減衰調整が意味を成します。それらの微調整で一気に好みの乗り味へ変貌しました。しかし、前後のスプリングレートの見直しを考えています。フロントは0.8k、リアは2.2~2.8のプログレッシブですが、フロントは0.7kか0.75kでリアを1.9kか2.1kまたは2.2kのシングルレートが望ましいように感じます。以前BG誌と製作したKZ1000を考えても左記の数字が現実的かと思います。早急にスプリング屋さんへ製作依頼をかけるつもりでいます。

 上記課題は細部の詰めであり、大きな観点から申せば十分な出来だと言えます。特に終盤でフロントのセットをまとめ上げた後の乗り味は、自慢したくなるほどでした。この車両はライダース落合様の個人所有ですが、同店の宣伝にも使いたいとの意向があるため今後も乗り味の向上を求め、製作するばねを投入しセットを煮詰めていく予定でいます。

 価格はオーバーホールと消耗品、カートリッジ追加、スライドメタルとガイドブッシュの追加、スプリング、フォーク脱着を含め税込み24.9万円です。かなりの高額ですが、純正のフォークを使用するのでステムやホイール、ブレーキをそのまま使用可能なため、逆を言えばそれ以外の出費はありませんでした。

 

 2016105008.JPG20161050029.JPG20161050153.JPG20161050220.JPG20161050254.JPG20161050322.JPG20161050425.JPG

Z1のフォーク改造が終わりました。

 Z1の純正フォークをカートリッジ型にする改造が終わりました。

 車体へ取り付けを終え、明日は天気も良さそうなので試乗を行います。調整が駄目ならば、再度内部の設定を変更して乗り味を詰めて行きます。

 昨日の日光で行われた白煙祭りで、旧知のBG誌鈴木カメラマンに会いこのZの話をしたところ、興味を持って下さり取材が決定しました。かなりの自信作なので、今から楽しみです。

 201610322145.JPG201610322216.JPG201610322240.JPG201610322024.JPG201610322050.JPG

カシメタイプのサスペンション

 神奈川県のTOP様と、ホンダドリーム店様からカシメ型のダンパーを依頼頂きました。

 車種はジェイドとCB400Fuor、NC36です。とりあえず分解し、洗浄を行いました。今週中には完成予定ですが、詳細はまた報告いたします。

 2016103215021.JPG2016103215048.JPG2016103214957.JPG

白煙祭り

日光で行われている「白煙祭り」に参加しています。

お客さんも顔見知りも多数いて、出品物に興味を示してくださる方もいて、盛況です。

2016102105520.jpeg

2016102105713.jpg

ページ上部へ