ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>ダンパー仕様変更>旋盤でねじ切り
ダンパー仕様変更

旋盤でねじ切り

 FGのダンパーを改造するために、旋盤でロッドのねじを切りました。

 卓上旋盤なので、ねじピッチを変更するたびに歯車を変えるのがとても手間です。大型の精密加工旋盤を買い、切り替えレバーひとつで多様なピッチをねじ切りしたいものです。CNC旋盤でプログラムのねじ切りも憧れます。滝沢の旋盤などほしいと思うのですが、1000万円は出せないので中古を買うために地道に働きます。

 そうはいってもタップやダイスと違い、自分でねじ切りできるのは魅力的です。特に現物合わせでクリアランスを調整できるのは、間違いが起こらないので安心できます。既製品のねじ同士を組み合わせるのではなく、造り物で狙った寸法のねじを回すと、普通では味わえない心地よさがあります。

 

 2016815215629.JPG2016815215655.JPG

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sgfacendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/932

ページ上部へ