ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>オーバーホール>イタリアのサスペンション改造。PAIOLI
オーバーホール

イタリアのサスペンション改造。PAIOLI

 今日は午前中にCBX用のFGを造り、午後からはパイオリのダンパーを改造していました。一日中イタリアのダンパーを触っていました。

 PAIOLIはFGに部品を卸しているので、共通の品も多くあり、今回もFGの部品に助けられました。次にイタリアへ行った際には同じBolognaにあるので、FGに寄るついでにパイオリ社も訪ねてみようと思います。

 今回はガスバルブの無いダンパーで、エンドアイが溶接されているのを切り飛ばし、純正のエンドアイを嵌められるように加工し、伸びたエンドアイの長さを吸収するために自由長を17mm短くしました。ダンパーストロークとフリーピストンの余裕は十分なので、安心です。

 ラベルダのダンパーやマロッシは、パイオリのダンパーを採用している事が多いようなので、興味のある方は問い合わせください。純正部品を用いて、オーバーホール可能です。一部交換不可能な部品もありますが、今後パイオリ社に問い合わせしようと考えています。 

 2016829221049.JPG201682922118.JPG2016829221132.JPG201682922123.JPG2016829221233.JPG

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sgfacendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/941

ページ上部へ