ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>オーバーホール>KYBフォークの修理
オーバーホール

KYBフォークの修理

以前の旧いカヤバのフォークは、圧側の減衰調整ダイアルのOリング交換が設定されておらず、オイルが漏れた場合、アウターチューブやインナーチューブを含むブラケット交換となり、非常に高価でした。

写真の部品を造り必要箇所のOリング交換を可能とし、価格を抑えました。

困っている方は、連絡下さい。

2016814213650.jpeg

2016814213837.jpeg

2016814213941.jpeg

ページ上部へ