ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>2016年8月

2016年8月

内径加工

 スライドメタルの嵌る穴を拡大加工しました。

 この寸法はロッドに対するクリアランスと、芯の二点に気を配りますが、旋盤のチャックを改良したので精度が上がり、簡単に作業を終えられました。改良により回転が安定したので、面粗度もかなり向上しました。

 購入時のチャック外径は通常80mmか100mmなのですが、アタッチメントを製作し現在は125mmを使用しています。今後は150mmに換装予定です。これはチャック内径を更に拡大し、加工の範囲を広げるのが目的です。他には重量が増す事でフライホイールを重くしたのと同様に、回転が安定します。ですが、始動と制止の時に時間が掛かるようになるのと、ベアリングやベルト等の負担が増えるのでメンテナンスサイクルが早まります。先日主軸のベアリングを交換しましたが、前回日本製のベアリングを用いたことで、ほぼ問題は起こらなくなりました。摩耗具合を確認する意味での交換でした。

 こうなると5~6尺で精度の良い旋盤がほしくなりますが、今年度は設備投資の予算を使い切ってしまったので、来年度へ持ち越しです。しかし、手持ちの卓上旋盤用の新たなるチャックとバイトを仕入れたので、それにより作業範囲の拡大と更なる寸法精度の向上を図ります。

 201683123528.JPG

ロッド製作が続く

 今日もロッドを一本造りました。

 オークション等で販売している安価なサスペンションのオーバーホールに伴い、ロッド径の拡大で剛性アップと納期の短縮を同時に達成します。

 このダンパーは二本のうち一本が、ロッドガイドと呼ぶシャフトの軸受けになる部品が入っておらず、完全な欠陥品でしたが部品を製作し対応しました。ですが、ロッドのあたりがかなり強くなってしまい、今回の製作となりました。

 2016831212119.JPG

ホイールカラーを製作。

 カスタムショップ様の依頼で、ホイールカラーを造りました。しかし、主に採寸用の仮止めと寸法間違いを確認するための物です。スイングアームにブレーキキャリパーのトルクロッドをつけるブラケットの製作、溶接も同時に行いました。

 カラーはせっかくなので簡単な軽量加工を施して、少しは外観を気にしてみました。完成品は黒アルマイトを施し、もう少し違う形状で仕上がります。

 寸法も100分台で確認がとれいているので、安心です。

 2016830204828.JPG201683020492.JPG2016830204933.JPG201683020504.JPG

 

 

 

ロッド製作の続き

 本日はロッド製作の集大成と呼んで差支えの無い品が完成しました。

 頭とお尻のねじ切り、ピストンのはまる部分の外径落としとクリップ溝。減衰調整のための穴加工に、Oリング用のリーマー通し。調整棒を通すための貫通穴加工。更にニードルジェットのねじ加工まで、多岐に渡る加工を満足のゆく水準で終えました。

 今回は手作業で進めましたが、全ての作業をマシニングに置き換える段取りを進め、数週間で移行できる予定です。

 201683020409.JPG2016830204031.JPG2016830204053.JPG

KSRⅠ、Ⅱの純正ダンパー

 カシメ型のダンパーがオーバーホール可能になったので、参考用に2ストのKSRのリアサスを分解してみます。

 再カシメによる強度の危険性は、当社の作業内容では完全に払拭していますが、回数制限があるのでシャフトの交換等、できる限り良い状態にして組み直すのが望ましいので、色々と実験して更に作業練度を高めようと考え、写真のもらい物ダンパーを分解してみます。

 数回に分け、作業風景を披露して参ります。

 201682922297.JPG

イタリアのサスペンション改造。PAIOLI

 今日は午前中にCBX用のFGを造り、午後からはパイオリのダンパーを改造していました。一日中イタリアのダンパーを触っていました。

 PAIOLIはFGに部品を卸しているので、共通の品も多くあり、今回もFGの部品に助けられました。次にイタリアへ行った際には同じBolognaにあるので、FGに寄るついでにパイオリ社も訪ねてみようと思います。

 今回はガスバルブの無いダンパーで、エンドアイが溶接されているのを切り飛ばし、純正のエンドアイを嵌められるように加工し、伸びたエンドアイの長さを吸収するために自由長を17mm短くしました。ダンパーストロークとフリーピストンの余裕は十分なので、安心です。

 ラベルダのダンパーやマロッシは、パイオリのダンパーを採用している事が多いようなので、興味のある方は問い合わせください。純正部品を用いて、オーバーホール可能です。一部交換不可能な部品もありますが、今後パイオリ社に問い合わせしようと考えています。 

 2016829221049.JPG201682922118.JPG2016829221132.JPG201682922123.JPG2016829221233.JPG

 

子供の頃から水面を眺めるのが好きでした。

今となっては、ダンパー内部のオイルの動きを想像するのに、その行為が役に立っている気がします。
今でも好きですが、お風呂に入った時なども、腕を動かし水流を観察したり、泡の発生や動きを見て楽しんでいます。

2016828225642.jpeg

201682823048.jpeg

201682823221.jpeg

貴重な時間

 本日の午前中は、部品回収に東京まで行ってきました。

 そこで期せずして、RC213V-Sに触れることが出来ました。跨いだりアクセルを開けたりと貴重な時間でした。その中で手押しだけですがリアサスの動きやスイングアームの剛性、フレームの剛性を確認することもできたので、本当に幸せでした。

 オーリンズの新型正立フォークの作動性や、日産ノートの1.2リッター・スーパーチャージャーの乗り味なども、営業責任者の方から話を伺えたので、こちらも楽しい時間となりました。

 その分、その後の作業が少々ずれ込んでしまい、あたふたしました。

 

フォルナレスのオーバーホール

 時々、作業依頼を頂くフォルナレスのエアサスです。

 造りはいたって単純なので難しい作業ではありませんが、特殊工具をいくつも用意しなければならず、初めて作業される方には厄介な代物です。ダンパーの減衰力変更もそれほど難しくなありませんが、一番重要なのは、油面とエア圧(窒素ガスを封入)です。

 油面を下げすぎるとストロークの奥が立ち上がらず、初期のガス圧を高めなければならず、油面が高すぎるとイニシャル圧力を下げても、ストロークが規制されてしまいます。丁度良い加減を探すのは楽しみでもありますが、一般の方はガス圧は変えられても、油面は変更できないので間違えるわけにはいかない点です。

 201682622353.JPG

高効率化

 作業の時間短縮により高い効率を実現するために、エア抜きのバキュームポンプの配管を見直しました。

 一つの機械で二つのダンパーを同時に作業可能です。更に配管を見直せば同時に三つまで可能ですが、他にも解消しなければいけない問題もあるので、現在は同時に二本を基準とします。

 FGのバキュームポンプは200Vでかなり力が強く、大きな空間もあっという間に-1barまで持ってゆきます。あまり圧を下げすぎるとパッキンが傷みます。Oリングはかなりの圧力に耐えられますが、オイルシールやパッキンは内圧の高まりには耐えられますが、外部が高圧(内部の低圧)にはそれほど耐えられないようです。これは、シールの形状に由来する問題です。

 

 201682621478.JPG

 

ページ上部へ