ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>オーバーホール>加工
オーバーホール

加工

 ヨーロッパの大メーカーの製品を作業中に、オイルシールの嵌まる部分が波打っているので、気になりよく観察したところ、バイトが振動したような痕でした。

 通常、この様な部品は汎用機でなく、プログラムで動く機械で造るのですが、その設定が良くなかったのかはわかりませんが、オイル漏れの一因だと思います。

 この辺りに必要な面粗度は、NOKなどのカタログに載っているので、参考にしています。

 

 201669214921.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sgfacendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/856

ページ上部へ