ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>メンテナンス>MCナイロンの加工
メンテナンス

MCナイロンの加工

 MCナイロンは加工が容易で、外的要因に強いので多くの部分に使います。

 以前、五反田の加工屋「桜井電機」の桜井進一さんに教わった、プラスティックの特性を考えつつ、ドリルの刃をつけました。

 金属加工用の場合は先端の中心から肩までが、食い込むような、巻き込むとも表現できそうな形状ですが、柔らかい材料をこれで削ると食い込んで機械が止まってしまいます。その部分を平坦にすると食い込みを起こし難くなるので、加工が迅速に行えるようになります。

 アルミでもこのまま使用しますが、綺麗に穴あけできます。

 FRPカウルや、ABS樹脂、スクリーンなどに穴あけ加工を施す場合に、グラインダで写真のように削って使えば割れ防止になると予想し、次回試してみます。

 2016625174655.JPG2016625174723.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sgfacendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/873

ページ上部へ