ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>2016年6月

2016年6月

千葉の日

キャンペーン内容を決定しました。

FGを購入頂いた方に、FGのワッペン一枚と当社のSGFワッペンの計2枚の特典。
NSR車高調整リンクロッドを購入頂いた方には、SGFワッペンを一枚差し上げます。

今日は千葉の日ですが、明日からキャンペーンを開始するというよくわからない状況です。

2016615232829.jpeg

キャリパーサポート製作

 RZV500のフロントブレーキ・キャリパーサポートが完成しました。

 一品物でこの造り込みなので、定価¥100,000です。高価なので、依頼いただくに方には満足していただける仕上がりを目指しています。

 2016613212853.JPG2016613212921.JPG2016613212948.JPG

ショーワ、ショーワ、オーリンズ、オーリンズ

 今月はショーワとオーリンズの入荷が多く、連日作業に追われています。権藤、権藤、雨、権藤の雨を抜いた感じです。

 FGのバキュームポンプも日々のアイデアだしにより更に使いやすくなり、レーステックとの使用方法の差異をやっと把握しました。

 2016611211219.JPG2016611211253.JPG2016611211541.JPG2016611211638.JPG2016611211946.JPG2016611212310.JPG

NSR250Rのリアサスオーバーホール

 最近はNSRの仕事が増えています。

 今回は単純なオーバーホールでしたが、今後は幾つかの展開を考えています。

 大阪のWM・高志保さんからアイデアを頂いた、ブラダからフリーピストンへの変更と、メインピストンをFGに交換。当社製のリンクロッドを使い車高調整可能にして完全なフルアジャスタブルにしたりと、純正ボディーを使いながら更に突っ込んだ改造もありえますが、社外品を購入可能な金額に近づいてしまうので、ほどほどにしておきます。

 他社でも行っているところはありますが、リザーブタンクのキャップを改造せづに、純正の外観を保ったままガス封入の作業が可能なのも、気にかけている点です。当社も以前はオーバーホールの際に、キャップにガスバルブを増設していましたが、どうにも気になり、何とかしたいと積年の構想を実現し、今に至っています。

 

 2016611203351.JPG2016611203321.JPG

千葉県民の日!

 6月15日は千葉県民の日です。

 来週から一週間キャンペーンを開催します。詳細はこのブログで発表いたします。FGとNSRリンクロッドに関する特典を考えています。

 

取り付け部分の構造

 ダンパーを取り付ける部分の構造は、大きく分けて2種あります。

 車やBMWのテレレバーの上部のような、上下方向で締結する型と、一般的な二輪車の横方向で締結する方法です。

 写真のようにゴムを介して取り付けると、グニャグニャしたのり味になり車体レスポンスも悪くなりますが、衝撃を柔らかく吸収するので乗り味は穏やかになります。ゴムがあるから柔らかいのり味では、説明としては大雑把なので少し掘り下げると、ゴムの固有振動数は金属よりも大きいので、より細やかな微少な振動を吸収します。

 写真には二種のブッシュが写っていますが、外径は同じ26ですが内径は違っています。その分だけゴムの量も違うのでそこでも乗り味に差が出ます。スイングアームは回転運動なので、ダンパーの上下運動時、取り付け部分は上部よりも下部のほうが回転量が多くなります。ブッシュの外部はダンパーに固定され、内部は車体やスウィングアームに固定されるので、動く部品はゴム部分だけとなります。数十万回に及ぶねじり運動を受け続け、金属とゴムで構成されたブッシュは溶着部分の乖離が起こり、本来の性能を発揮しなくなります。

 ここをベアリングに置き換え、ゴムのねじりから開放する事で細やかな動きに反応するようになるりますが、乗り味は若干硬質になります。私の好みはこの部分をベアリングにして、ダンパーで乗り味を調整する方がより、車の動きを理解しやすくなると考えています。

 2016610214256.JPG

加工

 ヨーロッパの大メーカーの製品を作業中に、オイルシールの嵌まる部分が波打っているので、気になりよく観察したところ、バイトが振動したような痕でした。

 通常、この様な部品は汎用機でなく、プログラムで動く機械で造るのですが、その設定が良くなかったのかはわかりませんが、オイル漏れの一因だと思います。

 この辺りに必要な面粗度は、NOKなどのカタログに載っているので、参考にしています。

 

 201669214921.JPG

久しぶりのレース後の反省会。

先週の土曜日は筑波選手権のレースサポートでしたが、久しぶりに、反省会を開きました。

一昨年まで筑波サーキットを主に活動していましたが、昨年からは鈴鹿サーキットにも全線参加し、今年はJP250とテストも増え、時間の無い中で大槻にも無理をさせ通しだったので、慰労会の意味も込め反省会を催しました。

場所は20年以上も通っている、我孫子市天王台の「パスタ・マーレ」でした。私の父に教えてもらい、大槻も好んでいる店です。

ここでチームの課題、エンジニアとして参加している自分たちの課題から話が進みセイクレッドグランドの課題などに話が及び、有意義な時間を過ごしました。

父は先に帰り、ビールからワインへと移行し話も弾みましたが、徹夜には厳しい睡魔に襲われ寝入ってしまい、終電を逃したので、マスターの好意でお店に泊まらせて頂きました。

妻に帰宅時間を知らせてなかった上に、午前様どころか朝帰りになってしまい、日曜日の午前中は、家の片ずけに精を出して、許しを請いました。
その後は早い段階で許してもらえたので、楽しい日曜を過ごしました。

201669212631.jpeg

20166921288.jpeg

201669212850.jpeg

ガス圧力

 先日の筑波選手権当日、リアダンパーのガス圧力を測定し、入れなおしました。

 たった4本を走行しただけで、1k(100kps,1bar)も低下していましたので、規定圧に対し多少の味付けを施した数字を入れました。

 この様に、微細にデータをとると面白いことを沢山発見できます。

 20166823128.JPG201668231324.JPG

バイト、仕上がり

 昨日、角が取れた完成バイトをグラインダで研ぎなおし、ステンレスとMCナイロンを削りました。

 非常に良い切れ味で、楽しくなり部品を在庫分まで含み造ってしまいました。何度も再現できれば良いのですが、まだ不可能なので日々精進してまいります。

 20166823411.JPG

ページ上部へ