ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>2016年6月

2016年6月

サイドスタンドを短く加工

 YSP店様の依頼で、YZF-R1Mの車高を落としました。

 それに伴い、サイドスタンドも短くする加工を施したのですが、ただ切るだけでは能が無いので、溶接面を大きくする為に複雑な形で切り、剛性が少しでも高くなるように配慮しました。

 201663001344.JPG201663001410.JPG

 

WPのツインショック

 久しぶりにWPのツインショックをオーバーホールいたしました。

 エマルジョン型なので作業はらくなのですが、ガス入れが難点です。メーカーにより思想はさまざまで、イタリアのFGはエマルジョンを嫌い、必ずフリーピストンを備えます。性能面では有利ですが、リザーブタンクを持たない型では、ロッドと同軸上にフリーピストンを配置しなければならず、寸法の制約が大きくなります。その点エマルジョンは絶対性能は大きく劣りますが、組み立て時間の短縮と寸法の自由度が高いので、製作者には楽なつくりです。

 極めてみじかい寸法のダンパーでは、リザーブタンクを持たせられなければエマルジョン以外の選択肢はありません。しかし、ストロークが深くなるとピストンがガス室に近づき、多くの問題を起こす事となり減衰が不安定になります。

 

 2016629235834.JPG2016629235933.JPG

課題山積

先日のJP250で、新たな課題を抱えることになりました。

車体ではなくエンジン関係で考察を深める事象があり、時を同じくして56レーシングのNSF250でも同様の問題が起こり、解決へ向け早速動き出しました。

今週末の鈴鹿で一部試し、問題の改善を図ります。その後すぐに訪れる筑波選手権へNSF
とCBRでテストを行い、更に完成度を高めようと思います。

全日本菅生から鈴鹿サンデーロードレース

JPの全日本は結局転倒で順位を大きく下げましたが、有益な内容のレースだったと感じています。選手権を獲得する意味では大きな痛手でしたが、一年を考えれば必ず流れの悪い時はありますので、そこで何を得られるかが大切だと、最近理解できました。

進んで文月最初のレースは、鈴鹿サンデーロードレースの西コースです。
今回は担当エンジニアとして、ライダーに対し新たな課題を用意して臨もうと考え、監督とも相談して週末を迎えるつもりです。

鈴鹿の報告を楽しみにして下さい。

菅生の報告は、明日担当の大槻から詳細を確認後に再度報告致します。2016626234137.jpeg

MCナイロンの加工

 MCナイロンは加工が容易で、外的要因に強いので多くの部分に使います。

 以前、五反田の加工屋「桜井電機」の桜井進一さんに教わった、プラスティックの特性を考えつつ、ドリルの刃をつけました。

 金属加工用の場合は先端の中心から肩までが、食い込むような、巻き込むとも表現できそうな形状ですが、柔らかい材料をこれで削ると食い込んで機械が止まってしまいます。その部分を平坦にすると食い込みを起こし難くなるので、加工が迅速に行えるようになります。

 アルミでもこのまま使用しますが、綺麗に穴あけできます。

 FRPカウルや、ABS樹脂、スクリーンなどに穴あけ加工を施す場合に、グラインダで写真のように削って使えば割れ防止になると予想し、次回試してみます。

 2016625174655.JPG2016625174723.JPG

北へ

小林旭さんの歌と同じく、当社のトラックエンジニア大槻は「北へ」向かいました。

本来ならば、ムクラダ・サラプーチさんは私の担当なのですが、諸事情により代わりに彼に行ってもらいました。

今回は難しい天候になりそうですが、前回の選手権や筑波のテストなど多くの改良を施した車両なので、いよいよ優勝を狙える立ち位置まで来たと考えています。参加できなく口惜しいのですが、優勝か転倒の激しいレースになりそうなので、今から心配と緊張を抱えています。

旋盤だけで造りました。

 フロントフォークの内部にある樹脂部品の製作依頼があり、内製で造りました。

 以前、樹脂の加工屋さんから教わった方法で溝きりを行いましたが、旋盤でも簡単な形状ならキー溝を掘れます。今回は公差の大きい品だったので比較的簡単に仕上がりましたが、それでも一つ30分程度は掛かりました。

 2016622111651.JPG

 

エンドアイを修理

 先日の記事で紹介した250SBの下部エンドアイですが、溶接を終え寸法が狂ったので簡単な冶具で幅を整えました。

 2016621222527.JPG2016621222423.JPG

在庫状況と外観比較

 新型と旧型のリンクロッドの外観比較です。

 特に説明はありませんが、幾つか在庫はありますので、希望納期に応えられます。

 2016621222026.JPG

小さな加工例

 M5のステンレスボルトを加工して、頭を削り取りました。

 特殊な使用方法なので、不思議な形をしていますが目的を達しました。

 201662102351.JPG

ページ上部へ