ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>2016年1月

2016年1月

FZ1

ヤマハのFZ1のリアをオーバーホール致しました。

ガスバルブ加工など、初回は値がはるのですが、エア抜きのアダプタを新造し精度の高い作業を実現しました。

20161312319.jpeg

樹脂加工

旋盤を使い始めた頃は、MCナイロンのような加工が比較的簡単とされる材料でも、上手に削れませんでしたが、最近は少しずつ理解が進み、写真のような仕上げまでできるようになりました。

内周と外周に一本づつ溝切りをし、突っ切れば終わりの簡単な作業ですが、樹脂は面を綺麗に出すのが難しいです。

2016131225249.jpeg

一般に

 今年はレースサポート業務の大幅な拡張に伴い、工場内も変わる部分が多くなります。

 コースでサスペンションを組み替えするのにバキュームポンプを持ち出すと、社内の業務に支障をきたしますので、FG製の機械を購入する事にしました。

 二輪業界では一般に二つの選択肢があります。現在当社が使っているアメリカ系のレーステックか、ヨーロッパ系のアンドレアーニです。当社はFGの代理店なので、同社製を選択します。アンドレアーニと同様に全自動、ダブルタンク仕様なので作業の自動化、オイル交換の手間を省き、生産性の向上にも効果的です。

 近いうちにアンドレアーニ製も試してみたいと思いますが、そちらは半自動を思案しています。

 201613019658.jpg201613019758.JPG

カヤバのステダン

 BkingやGSX-R1000など純正のステアリングダンパーでも、オーバーホールに難が無いモデルもあります。

 先日作業したTZ用のステダンもあまり問題のないモデルでしたが、RS125やNSF250Rは買い換えた方が安いので、進めていません。

 BMWはどれも作業可能で、これまでにも数多く作業してきました。ドイツ人らしくメンテナンス性の高い造りをしています。

 201613004642.JPG

ネジの切り増し

 フロントフォークのモディファイ依頼があり、オーリンズのフロントフォークのカートリッジを詰めたのですが、シリンダーはネジで留める形式なので旋盤で加工を行いました。

 卓上旋盤でも使い方次第で何とかなります。以前もフロントフォークのトップキャップのネジ切りをしたのですが、現物あわせで丁度良いクリアランを設定でき、気持ちよい抵抗感を得られました。

 溝きりも同時に行いました。

 ただ、機械の大きさに制約されて、加工も一手間、二手間掛かってしまうので、効率的ではありません。5尺前後の汎用旋盤が欲しい今日この頃です。

 201613003716.JPG

ロッドの錆

 依頼を頂いたオーリンズのリアロッドです。

 久しぶりにこれだけの錆を見ました。以前これ以上に酷い錆のダンパーを研磨仕上げた事があります。走り出して数十キロで、オイル漏れを起こしました。

 皆様もシャフトの状態を今一度確認ください。

 2016128235858.JPG

オーリンズの正立フォーク

 夜遅くに茨城のカスタムショップ、KⅡプロジェクトの北村さんがお越しくださいました。

 わざわざ品物をお持ち下さり、仕事の話も聞けて有意義な時間を過ごしました。

 オーリンズの正立フォークをカスタムする為に、新品フォークと部品を預かったのですが、以前に製作したロングスプリングとシム組みの変更もセットにした、KⅡプロジェクトオリジナルのカスタムプランです。新品なので本来はオーバーホールを必要としませんが、内部設定変更とボトム交換なので、自ずとオーバーホールと同等の内容になります。

 

 2016128235119.JPG2016128235054.JPG

お決まりの

 CBX400のリアサスペンションがオーバーホールに入ってきました。

 このダンパーは、リバウンドストッパーが破損し、粉々に砕けた部品がオリフィスを塞ぎ過減衰になり、沈んだまま伸び上がらない状態になっています。お決まりのパターンです。

 解消するには完全に内部を分解し、洗浄除去を行ったうえで組みなおすしかありません。初回オーバーホール料金は税抜き¥50,000いただいております。他社ではもっと安く作業を行う店舗もあるようなので、インターネットなどで探してみてはいかがでしょうか。

 当社ではCBX400,550、CBX1000、CBR400Fなどのエアサス(厳密にはエアで補助)に対応したFGを用意していますので、純正よりも良い乗り心地を求める方には、そちらを推奨します。

 2016127224439.JPG

 

 2016127224511.JPG2016127224541.JPG

今回も

 先日オーバーホールしたシティーターボの依頼主の方が、静岡のトマトを送ってくださいました。

 数年前にも依頼頂いた際に、キウイを頂き恐縮したのを覚えていますが、今回も感謝の極みです。これだけ喜んでくだされば、自身の仕事に価値があると再認識できて、ますますやる気が出てきます。

 2016127223343.JPG

 

KONI、部品製作

 ホームページを御覧頂いたお客様が、コニーのシャフト製作を依頼くださいました。

 以前にもオーバーホール時に製作した実績があるので、その図面が残っていましたからそれを基に、寸法を書き換え対応します。

 本日材料が届いたので、明日から加工に入る予定です。組み立て型のシャフトは多様な方法で製作が可能です。問題を抱えている方は、一度連絡ください。

 2016127222148.JPG

ページ上部へ