ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>メンテナンス>NSRの純正ダンパー
メンテナンス

NSRの純正ダンパー

 NSR250の純正リアダンパー(リアサス)は、リザーブタンクありと無しがあり、どちらも加工無しでは、ガスを入れるのが困難です。

 当社では、タンク無しはガスバルブを製作し、溶接で組み付けする事で再利用を可能にするだけでなく、2回目以降のオーバーホールは安く仕上がるように配慮しています。

 写真はSPやSEのリザーブタンクを持つダンパーですが、オーバーホール作業を終え、ガス入れも終了しています。御覧のようにリザーブタンクは純正の形状を留めています。

 一般には通常のガスバルブを付けるか、キャップを交換しガス封入を可能にしていますが、知らずに触りガスが抜けたり、組み付け不良でガス漏れが起こる場合があります。当社も以前はガスバルブを増設していたのですが、今年に入り工具を開発しガス封入を成功させました。

 201511139119.jpg2015111391148.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sgfacendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/585

ページ上部へ