ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>2015年11月

2015年11月

CBR1000RRの前後サス、オーバーホール

 日曜日に受注したCBR1000RRの、前後ダンパーのホーバーホールを行いました。

 リアはオーリンズに交換してあり、ばね定数も悪くないのですが、内部の設定が使用目的と合わないので、ガス圧力も含め少変更を施し、ローダウンリンクとダンパーの車高調整を駆使して、一人乗り専用機として再出発です。

 フロントは完全な純正なのですが、最初からトップアウトスプリングの入る、なかなかお金の掛かったフロントフォークです。イニシャルアジャスターも954辺りから採用が始まった、空気室(エアボリューム)の変化を起こさないトップキャップを用い、安定した性能を発揮します。ですが、いくつか気になる点がありまして、イニシャルを最強付近までかけないと内部でばねが遊んでしまい、初期荷重不足からくる実ストロークの減少が見られます。トップアウトスプリングの定数もやや高く、乗り味を優先したのではなくウィリー状態でフォークが伸びきらないように配慮しているように思います。この設定は929、954で際立っています。VTR1000RRでも採用しているので、乗り心地が悪い場合はばね等を柔らかくするのではなく、プリロードをかなり掛け突き出しを3~5mmほど多くすれば、柔らかく懐の深いフロントフォークの雰囲気を演出できます。

 ZX-12Rとハヤブサも似たようなフロントフォークの設定なので、乗り味が気になる方はご連絡ください。

 1000RRのフロントフォークの減衰はかなりしっかり掛かっていますが、絶対値ではなくストローク速度域ごとのメリハリを出す為に、シム組みを変更しオイルロックピースにも簡単な加工を施し有効ストロークを確保しています。

 前後サスを車体ごと預かりメンテナンスを依頼いただくと、実車での細やかな調整が可能ですから、お客様の満足度もより高くなり作業者としても嬉しい限りです。

 作業代金は、税抜き¥118,244でした。

 20151126111439.jpg20151126111512.jpg20151126111624.jpg2015112611176.jpg20151126111734.jpg

出発に向け

 金曜日から始まるNGK杯、グランドチャンピオンシップに向け、日常業務の追い込みをかけています。

 お客様には迷惑を掛けてしまいますが、金曜日は工場長の木村がおりますので、お気軽に連絡ください。

歳末特価、その一

 CBX400/550用のFGリアダンパーを特価販売いたします。

 当社始まって以来の特価販売です。秋から冬に変わりつつあるこの時期は、なんとなく寂しくなりますが、やがて来る春に向けその雰囲気だけでも感じていただければ幸いです。

 通常価格¥74,000(税抜き)を¥68,000(税抜き送料込み)で一本のみ販売いたします。FGの上質な乗り味を是非、体感いただきたいと思います。

 FQEco11なので、プリロード調整と、伸び(テンション)の減衰調整が付いています。

 一本だけですので、早々に連絡頂ければ幸いです。通常価格は常時受注可能です。

2015112601855.jpg

 

Dトラッカー用FG,車体に取り付け

 FGをDトラッカーに取り付け、ばねと減衰のバランスを確認しました。

 ばねは良い感じですが、イタリアから届いた状態では過剰減衰で動きが重ったるい感じです。在庫用に仕入れた分を分解し、内部設定を変更してから、明日に雨が降る前に試乗します。

 20151124175350.jpg2015112417554.jpg20151124175529.jpg2015112417562.jpg

FZ750のFG、FQE11

 ヤマハFZ750、85年型のFGが検品を終え、出荷準備が整い本日お客様へ発送いたします。

 FGはラインナップが消滅する事がほぼありませんので、一度製品化されれば安心して発注できます。旧車を持ってらっしゃる方は、興味を持っていただけたら一報下さい。

 2015112414740.jpg20151124141024.jpg

KLX125とDトラッカー125のリアサス、続き

 早速届いたFGの検品を行っています。

 確認項目は、外観、ばね定数、自由長、イニシャル量などです。先日MT-09のオイル漏れ保証作業中に、メーカー製造時の切削ミスを発見したので、しばらくはその数値も確認項目に入ります。

 しかし、今回のKLX,Dトラッカーのリアサスは、非常に期待させる仕上がりになっています。本日中に取り付け作業に入りますが、今から楽しみです。

 2015112495915.jpg201511241009.jpg

ZX-9R B型のフロントフォーク

 B型9Rのフロントフォークのオーバーホールを終えました。

 再メッキも同時に施したので、価格は高くなり税抜き合計¥109,610でした。

 オーバーホール、再メッキ、ブラケット脱着、オイル、カワサキ部品代、送料を含みます。

 20151122182846.jpg

KLX125,Dトラッカー用のリアサス、FG

 イタリアから荷物が届きました。

 今回はKLX125,Dトラッカー125、GSX-1100R,FZ750,RZ250Rの入荷です。

 KLXは車体価格を考え、FQE11(車高調整有り)を税抜き¥70,000と格安で提供予定です。より安価なFQE11pr36もFGに開発依頼をしていますので、今後の仕上がりが楽しみです。

 届いたダンパーを下地に、試乗→ばね及び減衰の調整→試乗の流れを繰り返し、製品を仕立ててまいります。フルサイズのFQE11を用いることで最上級の乗り味を提供し、その中から美味しい部分を残しつつ廉価モデルのpr36も開発します。

 同時にリザーブタンクを持つFQT11も同時に開発を進め、車体価格との比率を無視し、当社の悪い癖でもある「損得勘定度外視」のスペシャルサスを造ります。合わせてフロントフォークの小改造も行いますので、ちょっとした改造から、好きだからとことん突き詰めてみたい改造、まで一気に突き進みます。

 20151122181832.jpg2015112218197.jpg20151122181940.jpg20151122182026.jpg

 

 

嬉しいお客様

 今日はCBR1000RRを車両持込での、メンテナンス依頼です。

 前後サスのオーバーホールに仕様変更も視野にいれています。

 この度のお客様は、5年前に知人の紹介で仕事を下さった方が、また別の方を紹介頂きました。「よい仕事をした」とお客様からねぎらいのお言葉を頂戴するのが、仕事をする上で一番嬉しく思います。

 今回のCBRもお客様の要望を聞き、それを解消し更に満足を得られる車体へ仕上げるべく、尽力いたします。

 2015112218211.jpg2015112218634.jpg2015112218738.jpg

ダンパー開発の続き、JP250

 渡辺瑛貴君を起用し進めている、ダンパー開発「SGMFG」シリーズと「SGVF]シリーズのテストで、ツインリンクもてぎを走行しました。

 渡辺親子のみで走行してもらいましたが、約2年ぶりとなるもてぎ走行で、ベストを2秒更新し(旧型なのを考慮しても、よいタイムでした)、筑波のセットのまま持ち込んだ車体は、もてぎにより合っていたようです。ライダーと話をしたなかで幾つかの課題を確認できたので、次回の走行にはフロントをもう少し、動く方向に変更しようと思います。

 来年から始まるJP250には、全日本の広いコースに合った足回りを提供できそうです。

 

ページ上部へ