ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>2015年9月

2015年9月

アプリリア RS250

 アプリリアのRS250のリアダンパーが検品終了し、本日納品となりました。

 購入いただいたのは、墨田区の「ベストバランスインターナショナル」様です。確認のためにばねを外し、グリスを塗布したり採寸を行います。全品検査では有りませんが、場合によっては、分解し組みなおす事もございます。

 RS250のリアは車高調整無しの安価なFQEco11の設定がありませんで、今回はFQE11となりました。価格は税抜き¥92,000です。今日ではRS250をラインナップに残すメーカーも少ないように思いますので、この車両を持ってらっしゃる方は、興味があれば問い合わせ下さい。

 20159189585.jpg201591895331.jpg

SGMFG 開発番号000 完成

 半分オリジナルのダンパー「SGMFG000」が完成しました。

 今回は、油圧プリロードコントローラーを装備していますが、一番重要なのはシリンダーヘッドにある調整機構です。最近はTTx、FFXも一般化していますので、ツインチューブ構造のように見えますが、じつは旧来のオーソドックスなピストンを備えています。

 任天堂の横井軍平さんが仰った「枯れた技術の水平思考」を参考に、基本的な構造は一般のシングルチューブですが、調整機構とガス室をヘッドに全て集積した部分が大きく異なります。一番重要なのは、伸び、圧ともに調整機構の中にハイスピードコントロールを可能にするピストンとシムを埋め込んであります。伸び調整にまでこの機構を取り入れるには、TTx以外に方法が無かったのを、とうとう造り出しました。

 左の青いノブは圧、中央の青ノブが伸び、右の大きな部屋にガスを納めます。このつくりならば、オイル通路を最短にしながら、従来のロッド下に伸びダイアルを設ける必要が無いので、ヘッド以外の全ての部分で製作が簡素化され、コスト低減を実現します。シャフト内部に調整棒を通す必要も無く、剛性に寄与しています。

 問題も起こります。写真の形状ではリザーブタンクを大きく出来ないので、必然、ガス室容量が小さくなりストロークにより、ガス圧力変移が大きくなります。調整ダイアルの奥にあるピストン径も上下寸法に限定され、大型化が不可能です。今後の課題は、調整部とガス室の配置を見直し、上下寸法に自由度を持たせ、それにより前記二点にデザインの自由度を持たせる必要があります。

 この機構を思いついた原点は、ダンパー本体の調整部を廃し、リザーブタンクを2つ直列でつなげれば、伸び圧の調整を可能にする思考実験を重ねた結果、シングルチューブの可能性を更に追求できると確信したからです。微少ストロークの減衰が立ち上がらないデメリットは、動き出しの柔らかさを演出します。

 2015917235829.jpg201591723593.jpg

 

 

GSF1200のFG

 FGの新作「FQEco11」が入荷いたしました。

 伸びとイニシャルの調整だけですが、FGの良さを感じていただくには十分な仕様です。定価は税抜き¥74,000円です。

 現在はGSF1200,RZ250,RG400/500ガンマ、アプリリアRS250,CBX400/550等を用意してあります。在庫は少数ですがございますので、問い合わせ下さい。

 2015916203923.jpg201591620404.jpg2015916203849.jpg

GPZ900Rの前後サス

 近所のバイク屋「ライダース」様から依頼があり、GPZ900Rのダンパーを変更します。

 フロントはSGCFkit 4P 004です。リアにはFGのFQT11(ホース連結型のリザーブタンク)を奢ります。来週には完成いたしますので、都度内容を御覧にいれます。

 201591620316.jpg2015916203142.jpg2015916203216.jpg2015916203246.jpg

開発番号SGMFG 000

 最初に取り掛かった半自社製ダンパーSGMFGの初号機が完成一歩手前に到達しました。

 仮組みで起きた問題点を洗い出し、追加工を施し減衰を変更し再度組んでみました。19日の土曜に桶川で初のテストを迎えます。ライダーの渡辺瑛貴君の走りなれたコースで、開発チームとしてはドリームカップやミニバイクの耐久で走ったコースでもあり、開発にはうってつけです。

 車体は現在ベアリング交換などの整備を行っています。あとはリアダンパーの減衰を決められれば、走り込むことが出来ます。残り2日で重圧もありますが、何とか乗り越えたいと思います。

 2015916201146.jpg

写真の加工

 先日の茂原練習の写真を、木村工場長が加工して一枚で見られるようにしてくれました。

 二人ともぬるい走りですが、こういった比較などをして、楽しみながら走っています。

 20159169310.jpg

BG誌10月号掲載と筑波TT参戦

 10月17日に行われる筑波TTへ、「SGFダンパー開発チーム」として参戦いたします。

 このチームの思想から立ち上げまでの流れを、BG誌10月号で取り上げていただきました。56Racingの中野真矢監督、ライダーの渡辺瑛貴君と私のインタヴューが載っています。

 工場長の木村さんが担当した、オーリンズオーバーホールの記事も作業工程が細かく解説しています。楽しんでいただきたいと思います。

 

201591523206.jpg2015915232042.jpg2015915232112.jpg

FGが届きました。

 本日、イタリアからダンパーが届きました。

 部品やダンパー本体を含め多くの入荷でした。検品を終わらせ早々に納品いたします。

 今回入荷は、アプリリアRS250,GPZ900R17インチ、CBX400/550、CBR400R、RG500Gmma、GSF1200などです。

 次回発注時は、NSR,NSFに使用するベースモデルを入荷予定です。

 

 2015915224953.jpg

神奈川県へ

 本日は納品と営業を兼ね、神奈川県へ行きました。

 一件目はKTS湘南様でした。10年近く仕事をいただいていますが、久しぶりに社長と話をさせて頂き、学ぶところの多い時間でした。

 二件目は藤沢のモトールエンジニア様に寄らせて頂き、当社で開発したSGCFkit 4Pの話やFGのNSR用ダンパー開発についてなど、貴重なご意見をくださいました。

 二人の社長様に会い、自身も精進しなければいけないと、思いを新たにした一日でした。

セイクレッドグランド保養所

 茂原走行前日は、セイクレッドグランド千葉保養所で夜を過ごしました。

 茂原ツインサーキットまで15分の立地で、茂原テストのために以前から準備してた土地です。膨大なテストを支える素晴しい場所にガレージを得られて、運がよかったとしか言いようがありません。

 写真を御覧下さい。

 実は、工場長木村さんのご実家に寄宿しただけでした。

 201591421733.jpg20159142182.jpg201591421823.jpg201591421845.jpg201591421916.jpg

ページ上部へ