ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>2015年8月

2015年8月

ドライブチェーン

 チェーンは付き合いのある卸業者が販売している、RKを長年使用していましたが、56Racingで使っているEK江沼を使うことになりました。

 トップグレードが絶対ではなく、車格と排気量を考慮し重量と抵抗を考えながら選ばなければ、金銭面でも走行面でも無駄が生まれます。色々なグレードを試してみようと思います。

 2015831151336.jpg

筑波選手権へ向けて

 チームZATOの小野里さんが練習に行くと連絡を受け、筑波へ足を向けました。

 現場で症状を確認し現車を前に微調整を施し、それを受け起こった現象を考え次の変更点を模索する。変更は本人の望んだ方向へ向かったので、後は走りみ車両を理解する運びになりました。

 依頼頂いた方との接し方は、メンテナンスや変更を行ったダンパー、車体の使い方を示すだけでなく、ライディングの問題点も現場で確認し、ご自身の走りも変えて頂きより上を目指すのが、当社の独自性に現れています。

 その他にも、他チームの方ですが、前回の選手権で当社の製作したばねをご利用頂き、好感触を得た方がいらしたので、そのR25用に独自のばね製作を手配し、筑波最終戦に間に合うように動いています。そのばねのテストが良好ならば、受注生産を開始します。

 サスペンション屋とは車体全般の理解が深くなければ勤まらないので、ただダンパーのクリックと内部のシムを組みかえれば良いのではなく、車体パッケージをどのように構築するか、レギュレーションや予算の制約の範囲で有効な変更、改造を行えるのが優秀なエンジニアだと思います。

 2015831113815.jpg2015831113846.jpg

練習とは

 土曜日はハッキリしない天候の中、筑波サーキットへ桜井芽衣選手の練習に同行しました。

 練習は目標を達成する為に行うものですが、自分ひとりでは方法を間違ったり、目標を見失うことも間々あると思います。今回の練習はその様な部分を見つめなおし、目標へのアプローチの方法をチームで再確認しました。

 201583110598.jpg2015831105836.jpg

RZV500

 埼玉県のクオリティーワークス様の依頼で、RZV500のFGを製作しています。

 大枠の仕様は完成し、この後は減衰の細かい設定に入ります。終われば後はエア抜きなど、手を動かせば終わる作業なので楽ですが、最後まで何があるかわからないのが、一品製作の醍醐味です。

 他にも半分自社製のNSR,NSF用ダンパーも完成間近なのですが、部品の手配で少々問題が発生し、それを解決するのに手間取ってしまいましたが、代替品を発見し見通しも明るくなりました。

2015828215746.jpg

 

明日は筑波です。

 明日は筑波サーキットでテストです。

 56Racingのサポート業務ですが、夏の練習の成果を確認し、最終戦へ向けて調整に入ります。

 2015828205019.jpg

コニーの作業

 コニーのオーバーホール依頼いただきました。

 当社では純正のオイルシールは入手できないので、部品を造り対応しています。非常に高価になりますが、ガイドブッシュの圧入やロッド径の変更による剛性向上など色々と性能向上の手法もあります。

 減衰も内部で調整可能ですから、オーバーホールの時に現代のタイアにあわせた設定変更を施せます。

 2015828203441.jpg2015828203521.jpg2015828203557.jpg

 

マルゾッキのモノサス DUCATI900SS

 Ducatiのリアダンパーを作業いたしました。

 作りが少々面倒ですが、初回のオーバーホールはそれほど高額ではありません。ですが、2回目以降はシールヘッドの変更を要しますので、割高感もありますから、社外品への交換を進めています。

 2015828145758.jpg

久しぶりに

 今日は事務所で図面を引いたり、部品の手配などを行っていましたが、定時を過ぎても工場から木村さんと大槻さんが上がってこなかったので、顔を観に行ったところ、パソコンでサーキット関連の話をしていたので、それに混じり日常業務や色々な作業方法、考え方などを話し合いました。

 仕事の話をしつつ、作業に対するアプローチの違いを感じたり、学ぶことの多い時間でした。

NSR、NSFなどのミニ用ダンパー開発

 多くの仕事を同時進行で進めています。

 CBR250(MC41)やNSRmini、NSF用のオリジナルダンパー開発もその一部です。3DCADを持たないので、シリンダーヘッドの図面引きに多くの時間を割いています。

 もう少しで完成なのですが、幾つかの問題も発生し、その解決に奔走しています。ですが、完成は近いので頑張ります。

サス屋の問題点

 ダンパーやサスペンションに関わり、車体ばかりに目を向けていると、ライダーの不調の原因を車体に探してしまいます。車体ならばまだましで、ダンパー単体に目を向けがちです。

 乗り手の体調、精神状態、天候、エンジン、車体。多くの要素、それをパッケージと呼んでいますが、人も含めパッケージと捕らえ、問題点を探す必要があり、常に一歩引いて考える癖をつけなくてはいけないと、日々思うのですが、現場に出るとついつい一歩前にでて考えてしまいます。

ページ上部へ