ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>2015年6月

2015年6月

古い写真です。

 二年以上前の写真です。

 初期型のレースカウルは今でも好きな形状です。今では使用禁止になってしまい残念ですが、よい思い出です。当社のCBRは写真の62号車です。

 奥にひっそりとネコが見えます。

201563021100.jpg2015630211036.jpg201563021123.jpg201563021145.jpg 

BMWのダンパー

 BMWのフロントダンパーを作業いたしました。

 SHOWAのカシメ型でしたが、加工によりメンテナンスを可能にしています。このようなツインチューブでカシメ型はガタが大きいので、スライドメタルの配置とロッドとのクリアランスで、とてもしっかりした物に代わります。分解しますので、内部のシム組も変更可能となり、それを実際に行ったのが、当社所有のMC41、CBR250です。

 近日CBR250のオリジナルダンパーを発表しますが、上記のカシメ型でもオーバーホールを施し、ばねと減衰設定を変えるだけで、とても良い仕上がりになります。

2015630205157.jpg2015630205225.jpg2015630205251.jpg2015630205321.jpg

部品価格の改定、値上げと値下げ

 7月から部品価格の一部を、変更いたします。

 部品価格は値上げとなりますが、ヤマハの純正オーリンズXJR400、1200用とヤマハの一部車種のモノサスは¥2,000~3,000程値下げになった種類もございます。以前から値下げを行っていましたが、部品の仕入れ価格を抑えられたので、正式に表明いたします。

 その他オーバーホール後の品物は、引き続き元払い発送で対応しています。

 電話やメールを頂ければ、概算見積もり金額を返事いたしますので、どうぞ問い合わせ下さい。

小物は得意です。

 卓上旋盤を使い、新たな部品を造りました。

 小型の特性を活かし、小さな部品は軽やかに作業可能です。後は段取りをよくすれば、より短時間で製作可能になります。ねじ切りも旋盤で行いますので公差を無視し、現物あわせでクリアランスを確認する事で、ナットとの結合がよりしっかりとします。

20156300414.jpg201563004130.jpg201563004158.jpg

全日本併催、菅生のドリームカップ第三戦

 またまた、62号車が菅生でレースでした。そこで担当の大槻が意気込んで、サポートへ行ってきました。

 予選で激しい転倒があり、決勝の走行が危ぶまれたようですが、無事出走し2位という素晴しい成績を獲得しました。

 桜井選手の地力の高さ、精神力の大きな進歩を感じましたし、モニターでレースを観戦した限りでは、自分の持ち味を活かした良い走りで、今週の鈴鹿へも弾みのつく内容だと思います。

 前日練習では、もう一歩上を目指した新しいセットを試し、テスト結果は良かったので今後もその方向で進んでいきそうです。成熟したと思えるCBRですが、まだまだ改善の余地は多々あります。僕らの立場では、それも楽しみの一つです。

 

ドゥカティのザックス

 ザックスのダンパーは度々ご依頼いただいています。

 オイルシールが嵌まる部分を、シールヘッドやケースロッドガイドなどと呼びますが、ザックスのシールヘッドは数種類あり、特殊工具も必要となります。

 何度も作業していますので、造り置きの部品ですぐに作業を終えました。 

 2015624205011.jpg2015624205043.jpg

ワークスパフォーマンスを改造

 ワークスパフォーマンスのモノサスは珍しいのですが、ご依頼いただきました。

 ホース連結のリザーブタンクがありましたが、インチサイズの連結や高額なブラダが問題なので、今回はリザーブタンクを外しエマルジョン型にしてしまいました。厳密には性能は落ちますが、先ずはオーバーホールを可能とする事が急務なので、その様な仕様に落ち着きました。

 ガスバルブは自社製の作り物です。初めての形状でしたが、構想通りの性能を発揮しました。

 2015624203953.jpg2015624204021.jpg2015624204048.jpg

KTMのWP

 群馬のMCファクトリーフクシ様から依頼を頂き、KTMのWPを作業しています。

 油圧アジャスターのように見えますが、実は機械式です。ただフックレンチでなく、スパナやラチェットで回せるので、イニシャル量の変更作業は段違いに速くなります。

 機械式で減速比もありますから、部品同士の磨耗はありますが素晴しいアイデアだと感服しました。

 2015623225635.jpg201562322571.jpg

ニンジャ250の、クシダバルブ改在庫販売

 先日発注頂いた際に、クシダバルブ改を余分につくりましたので、一般販売いたします。通常は在庫販売せづに、ワンオフ製作なのですが、せっかくの機会なので、作り置きしました。

 定価¥25,000(税抜き)で説明書つきです。

 写真で構造を理解できる方は、自作しても面白いと思います。

 2015623151726.jpg

減衰調整付きのロッド製作

 試しに減衰調整のロッドを製作いたしました。

 細いドリルで長い距離を掘るのは、なかなか大変ですが、使えるものに仕上がりました。

 価格面の問題はありますが、納期を急ぐ方には有益な方法です。

 2015623151317.jpg2015623151342.jpg

ページ上部へ