ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>2015年3月

2015年3月

鈴鹿でのレース運び

 週末の鈴鹿で行われた、サンデーロードレースの話です。

 56号車の埜口遥希選手は、RS125との二台を乗り継ぐ形での参戦で、最初は戸惑っている感もありましたが、少しずつ慣れ、練習期間や初レインタイアでのいきなりの予選を考慮すれば、非常に良い予選位置につけました。まだまだセッティングを語るような状態ではなく、車になれるのが精一杯の状況での予選や本番のタイムは、これからのシーズンを期待させてくれる良い内容でした。ライディングが固まり、足廻りを変更するようになったら、細かく報告したいと思っています。

桜井芽衣選手の62号車(鈴鹿では16番)の練習走行は、転倒から始まりました。初めての鈴鹿東コースは今までのセットでは、現れる挙動に違いがあるようで、ショートカットの走り方などを含め、悩む部分が多かったようです。転倒後の練習走行で違うセットを試し、最後に走ったセットが良いと決めたのですが、僕自身に違和感があり、転んだセットを詰めてみたいと話したところ、芽衣選手もその感触を持っていたようで、安全策で走るよりもより上を目指し、挑戦することにしました。結果は3位でとても満足のいく結果で、レース内容も評価に値するものでした。

 今回は雨のレースで上位2台の転倒もありましたが、転倒しないで走りきるのも実力なので、素直に結果を喜んでいます。今週末は筑波でレースがあります。また入賞や表彰台に立ってもらえるように、手伝いへ行ってきます。この鈴鹿へは、スポンサーのPOP-i様が足を運んでくださいました。多くの方の助けを頂いているから、レース活動が出来るのだと実感し、感謝しています。

 2015331215123.JPG2015331215212.JPG2015331215311.JPG

鈴鹿サンデーロードレース

 明日の夜から56Racing様に帯同して、サンデーロードレースのサポートです。当社の大槻と二人で手伝わせていただきます。

 今回は7月の耐久レースへ向けたデータ取りも兼ねていますので、非常に重要な一戦です。昨年までは、筑波からが本番といった意気込みでしたが、今年は出場するレースが増えるので、とても楽しみにしています。

減衰調整部、FFX,TTx構造のメリット

 写真は減衰調整部分の調整ロッドです。ここは行き止まりになっていますので、オイルが循環せずにこの様に汚れがたまります。ツインチューブ構造ならば、調整はヘッドなどのバルブ部分に集中していますから、この様な悲惨な状態にはなりません。

 しなしながら、この部分を利用してオーバーホール作業に活かせる事もあるので、サービスホールと考えればダンパー屋としては助かります。

 2015326222115.JPG

習作

 しばらくは旋盤の話になりそうですが、本日はエア抜き用の穴を開けたボルトです。

 純正の穴あけ加工ですが、エンドミルを使い作ってみました。まだ習作のレベルですが、商品にできるよう日々削ってみます。連日バイトを研いだり、部品の発注をしたり、作業台を新設したり楽しい日々が続いています。

 2015326221532.JPG2015326221613.JPG

作業台

 機械を購入したので、工場内の配置転換を行っています。

 使っていた作業台の寸法は11年前に決めた大きさでしたので、最近は手狭に感じていました。一年半前に作っておいた大きい作業台と交換し、作業空間を大きく取ることにしました。これで、大物のリアサスやフロントフォークの作業が楽になります。

 現状は、私が前後ダンパーや図面仕事をこなし、木村がリア、大槻がフロントを主にこなしていますが、とても良いバランスで仕事が出来ています。

 201532402434.JPG

電動ドリル

 17年使った電動ドリルが壊れました。ホームセンターで4千円弱でしたが、長い間活躍していました。

 10mmまで咥えられますが、力が弱いのですぐに空回りしてしまいます。長年使い、いよいよモータが焼けてオシャカになってしまいました。残念ですが、分解して部品取りになってもらいました。

 今までありがとう。次はもっと力の強いのを買おうと、誓った一日でした。

 201532401822.JPG201532401910.JPG

東武野田線(現アーバンパークライン)

 歩いて通勤する時は、踏み切りを超えていきます。最寄り駅の東武野田線、高柳駅はなんと単線です。

 未だにおおらかなこの地域ですが、10年も住むと愛着がわいてきます。じんわり発展するこの地域は、自分自身のゆっくりとした歩みの人生とも重なり、好きな土地です。

 電車と言えば、幼少の頃から電車に使われている太いバネが気になっていました。当時からサスペンションに興味を持っていたので、今の仕事はやはり性にあっているのかも知れません。

 2015322221232.JPG2015322221347.JPG

BG誌

 BG誌の方が取材にお越しくださいました。詳しくは来月のBGをご覧ください。

 カメラマンの鈴木さん、ライターの林さんには大変お世話になっています。お昼ごはんも共にし、長い時間私の話に付き合ってもらいました。楽しい時間を過ごせ、良い日曜日となりました。

 201532222728.JPG

RVF400

  リア周りの整備でRVF400が入庫しました。

 3年ほど前に、エビスサーキット東コースで知り合った若者が、依頼してくださいました。バイクに情熱を持っている人を見るのは、嬉しくなります。

 201532222332.JPG

歩いて考える

 出来る限り、歩いたり走ったりするように心がけています。

 じっと考えるよりも、その方が深く考えられるからです。自宅や会社では誘惑も多いですし、外からの刺激が入ってくる事で思考が中断します。良く知った道を普段どおりに進むと、今までの問題点や課題をまとめ、次に何をどのようにするか、それをじっくり考えられます。

 出来れば、一時間もその時間を取れると心地よいのですが、三十分でもだいぶ違ってきます。やはり、日々の積み重ねが大切だと思います。

ページ上部へ