ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>2015年1月

2015年1月

XJRのオーリンズ

 XJRのオーリンズはどの年式、排気量でもオーバーホール可能です。特に1200後期や1300は、バネやシム組みを変えれば、とても上品な乗り味に出来ますので、サーキットだけでなく、峠道や長距離ツーリングの疲労軽減のためにも、価値ある内容です。

 201513023147.JPG

R25のFGを開発

 ヤマハのR25のために、FGでリアダンパーを作ります。FQEという安価なモデルと自社製の部品を組み合わせたFSMを製作し、STレースに使ってもらう予定です。

来週には雛形を作り、3月中には半オリジナルダンパーを完成させたいと考えています。これは旧来の仕組みと、ツインチューブの発想を組み合わせ、省スペースを主眼にNSR250やNSRminiなどに発展させられる構想となっています。

 販売価格や原価を無視して、作りたい形を現実にします。伝統的なダンパーに見られる、微少ストロークの応答性の悪さと、ツインチューブの大ストロークで過減衰に陥りやすい部分を、上手に避ける設計を目指します。FGのFFXならば左記の問題点を解消していますが、「枯れた技術の水平思考」を題目に一丁作ってみます。

 

普段の仕事

 当社はレースの仕事はほんの一部でして、通常は中古車の仕上げや、街乗り車両の油漏れ修理が大半です。ただ、どのようなダンパーも基本的には断りませんので、珍しいダンパーも多く手がけてきました。

 初めてのダンパーを分解する時は、いつでも興奮します。今回エクストリームテックを分解する中で、面白かったのはリザーブタンクの内部です。フリクションに気を使っている使用でした。ツインチューブの作り方、各部寸法はメーカーの色が出て面白いと思います。

 オーリンズの正立は最初期の型です。インナーチューブの上端に何本か、突き出し量の目安になる溝があるので一目でわかります。内部のピストンも倒立フォーク同様に、現行との違いを発見できます。

 シムは内側に変形が確認できます。この様にメーカー純正を分解すると、シムが多かったり少なかったり、ニードルが新品バラシなのに固着していたりと、色々あります。

 リアサスのボディーはGSX1400の物です。パッと見はSHOWAのようですね。

2015129222542.JPG

 2015129222330.JPG

2015129221828.JPG

 2015129221523.JPG

CB900FのFG

 ただいまCB900FのFGリアサスペンションを、鋭意製作中です。

 CB用のオフセットした幅の狭いエンドアイは、FGに設定がありませんので、当社独自で製作します。軽量性などを考えアルミにするか、腐食や剛性を考えステン系にしようか、悩んでおります。今日も図面と格闘ですが、これもまた楽しいですね。

 2015127211345.JPG

Z1の前後サス

 当社に初めて、カスタムした旧車の足廻りメンテナンスが入庫しました。

 ノーマルベースの旧車は多く依頼いただいたのですが、この様な車両は初めてなので楽しみです。ZZR1200は一般的なメンテナンスなのですが、4年ほど前に購入した後、定期的に作業しています。こまめなメンテナンスが長寿命を支えると思います。

 201512721557.JPG201512721825.JPG

CB1100Fのリアサス、オーバーホール料金

  初回のオーバーホール料金は定価13~14万円です。

かなり高額なのですが、2回目以降は通常の作業工賃だけですむうえ、基本的には何回でもメンテナンス可能となりますので、一度新品を購入するつもりで依頼いただければ幸いです。

 201512721113.JPG201512721159.JPG

礼状

 郵便の方が、お客様からの手紙を配達してくれました。

 TRXのフォークカートリッジ化に対する試乗の印象と、お礼を書いてくださって、恐縮しました。

 仕事を認めて頂けるのは、とても嬉しい思いです。

CB1100Fのリアサス

 いよいよ、CB1100Fのリザーブタンク付きリアサスの部品が出来上がってきました。

 製作する部品を見直し、より簡単に安く作れるよう変更しました。発想次第で作りやすく出来ると嬉しくなりますし、お客様にも良い事なので、出来る限り頭を使って仕事をしたいと思います。

 明日は完成写真と価格を乗せる予定です。

 201512623344.JPG201512623430.JPG

ドリームカップのための価格

 MC41のリアダンパーは初回のオーバーホール工賃を、加工と部品代込みで¥35,000で設定いたします。この価格は、純正の新品を定価で購入した場合、2本分に届かない程度の金額です。

 ドリームカップの練習用や、STなどへのランニングコスト削減のためのサポート価格です。他のカシメ型ダンパーはもう少し料金設定を高くしてあります。レギュレーションが許すならば、ダンパー内部の減衰を変更したり、当社のオリジナル・イニシャルアジャスターも併用して下されば、より良いセッティングを短時間で見つけられるはずです。

 2015125205740.JPG2015125205943.JPG201512521055.JPG

筑波でテスト

  CBR250R MC41のリアダンパーをオーバーホール可能にするための加工を終え、筑波サーキットでテストを行いました。ライダーからは「違和感ない」とコメントをもらい一安心です。なぜならばドリームカップで使うには良くなっても悪くなっても、純正と大きく感触が違うと練習と本番が違ってしまい、意味を失います。

 今日のテストで市販を決定しました。更に社外品に換えるよりも安価に製作できるので、STや他のカテゴリーでも自信を持って勧められます。

 201512501634.JPG201512501737.JPG

ページ上部へ