ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG

SACRED GROUND STAFF BLOG

学習を続ける

 国家試験が終わりました。

 現在はファイナンシャルプランナーと簿記三級の学習を始めます。資格が欲しい訳ではなく実益に則した学習ですが、そのついでに資格取得できれば自分の努力の水準がわかるので、目安として受験を考えています。

 しかしどのような対象でも常に学習を続けると、思考が洗練されるような気がして気持ち良く感じます。これにはある種の罠も潜んでいますから学習=善とはなりませんが、ほとんどの場合で学ばないよりはずっと良いでしょう。

 それもあってサスペンションやジオメトリの学習も細々と進めています。この記事をご覧の皆様も何かしらの専門家であったり、仕事を持っていると思います。
 自分の専門分野に限らず門外漢ともいえる分野に踏み出すと、思考の枠が広がりとても有意義なので挑戦してみるのはいかがでしょうか。意外と抱えている問題点が解消できるかもしれません。

 

自分にとっての価値を考える

 カミさんが使う車としてホンダのフリードを購入しました。

 知人を通して業者のオークションから仕入れました。車検が1年10ヶ月あって税込27万円です。名義変更などは自分で行います。

 状態は距離が15万Km、タイアは交換後一年未満(製造年を確認済)で内外装は年式、距離にしては綺麗です。

 名義変更の手間賃や来年かかる自動車税などを省き単純に購入した価格だけで考えると、車検満了まで一月¥12,273となります。新車の車体価格÷1.2万円=17年4ヶ月となります。この単純計算だけでも新車はかなりの金銭を投入すると理解できます。
もちろん新車の心地よさ、満足感、所有欲等はわかります。メーカー保証なども充実しています。それに全てが新品ですから、その車本来の動きを感じ取るにはどうしても新車でなければならない。そのような場合もあります。
 しかし新築戸建て(マンションも含め)で言われる「新築プレミアム」と同様に、車にも「新車プレミアム」があります。私は新車には特段の強い興味を持っていないために、中古車でお得に過ごす方が心地よいため、上記のような思考で乗っています。

 そうは申しましても、昨年売却したメルセデスのW211は購入価格ー売却価格=−40万円でした。つまりひと月3.3万円以上使っています。この車に求めたのはホイールベース(WB)2850mmを体感してみたい!この一点にありました。さまざまなWBの車に乗ることで自分が欲しているWBを理解できました。その結果はWB2730mm近辺が自分には好ましいと把握できました。

 お金の使い方は色々ですが、金銭効率を追求する場合や研究対象など用途によって様々にです。前者の場合はフリードにあたり、後者はメルセデスでした。

 まだ子供が幼いのでしばらくはフリードで過ごして、もう少し大きくなったらまたセダン(自分の車はMTにします)を購入しようと思います。

 二輪車やサスペンションに関しても同様です。オイル漏れを修理するだけで十分な方や、更なる快楽を求めた探求のためによりお金を注ぎ込む場合。用途に応じて対応しますので使い方を相談ください。主に後者の方が得意ですが、前者に関しても良い提案ができると思います。

 

20211013175222.JPG20211013175239.JPG

マルゾッキツインショックの新品を手直し

 町田にあるバイク屋さんから依頼があり、マルゾッキのツインショックを手直しです。

 新品で購入されたそうですがオイル漏れが発生したため、その手直し依頼でした。新品ですがロッド研磨を行ってみると表面の荒さに気付きます。打痕があったりと新品としてはいささか疑問を感じる仕上がりです。

 それほど酷い状態ではなく研磨修正でなんとかなりました。ロッドはアルミのガイドと直に接触する構造で、これはマルゾッキでは当たり前の仕組みです。カワサキZ1のような旧車のフロントフォークは同様の構造です。そのままではロッドが早期に傷が入り、それがオイルシールを攻撃してオイル漏れを誘発します。その対策としてガイドを削りドライベアリングを圧入して耐久性と作動性を確保します。
 これは特別な方法でもなく現代の一般的なフロントフォークやリアショックに用いられています。

 これらの加工や修正により古い構造を持つマルゾッキでも、長く安心して使えるようになります。他にもマルゾッキのダンパが何セットか入庫しており、同様の加工を施して出荷します。

 部品の入手などでO/Hは費用が高くなる傾向にありますが、一度仕立てれば長く使えますのでO/Hを検討されている方はこれらの加工を視野に入れてみるのはいかがでしょうか。

 今回は新品なので最小限の作業ですみましたが、それでも7万円強となりました。ロッドの再メッキ、傷んだ部品を作り直す等が加算されると10万円以上。塗装も行うと20万円の声が聞こえてきます。予算に合わせて対応いたしますので、興味があれば検討ください。

 

 

20211013173311.JPG20211013173339.JPG20211013173358.JPG20211013173414.JPG20211013173428.JPG

美的感覚を鍛える

 何でも型はあるようで、写真にも王道の撮影の仕方があるそうです。

 夏休みに九十九里の帰りハーブガーデンというお店に寄りました。食事も美味しかったのですが、食後の甘味も美味しく頂きました。
その日は雨が降ったり止んだりで湿度が高く、しかし夏にしては涼しい1日でした。

 料理の撮影方法にはお皿を主役にしたり、料理を主役にしたりと多様な撮影手法があるようで、せっかく得た知識なので試して遊びました。普段はカミさんから写真のセンスがないと叱責されておりますが、この写真は褒めてもらえました。
 高校時代には絵を書いてコンクールで入賞した経験があり、写真部にも在籍していたカミさんの言葉は重みがあります。写真よりも絵の方が、実は写真撮影の向上には有益なようです。
 小学生以来、あまり絵を描かなくなった私に写真の才能がないのは必然。しかしこれを機に美に対して鋭敏になれば、サスペンションセッティングや操舵性の質感向上を考えると、一番大切なのは数学的な物理法則の探究より文学的な美的感覚でなはなかろうか?とここ数年常々感じております。
 それもあり20代前半で読まなくなった文学や哲学・思想に関する本をここ最近は読む機会が増えました。

 

20211011205234.jpg2021101120532.jpg20211011205318.jpg

ZX-6R 636のフロントフォークとリアショック

 今年は636の前後ショックを沢山仕様変更しています。

 スーパースポーツですが、フロントのスプリングレートが0.9Kgf/mmとやや動きやすいため、先づバネを交換します。そして有効ストロークを減らすトップアウトスプリングを交換したりゴム性のリバウンドストッパへ置換して、使えるストロークを増やします。これだけで車両前部の印象は大幅に良くなります。

 リアショックは純正で9.5Kgf/mmで特に硬すぎ柔らかすぎは感じませんが、サーキット等でハードに走りたい方にはやや物足りない様です。これは体重やコースで変わりますが、10〜10.5Kを用います。

 これらの仕様変更で峠道からサーキットまでとても楽しく、快適に走れます。価格は前後で概ね15万円程度(フロントはO/H,リアはガスのみ封入)となりますので、リアショックを交換するよりやや安価で済みます。何か不満を抱えている方は、とりあえずこれらの仕様変更から試して、徐々にお金をかけて行くと楽しくなりますので、不満を感じている方は一報ください。

 

2021104192933.JPG202110419302.JPG2021104193026.JPG2021104193046.JPG

BT1100のシート加工

 一年ほど前に茨城県守谷市のK2プロジェクト様に依頼していた、BT1100のシート加工がいよいよ着手すると聴き、嬉しくなっています。

 そもなぜシート加工が必要なのか?その理由は二点ほどあります。まずは形状。BTのシートは前端部分が切り立っており、タンク後部にかぶさります。そのせいで体を車両前部に落ち着けないため、旋回初期にリアタイアに不必要な重みがかかります。それを改善したかったのが最大の理由。

 次いで座り心地。座り心地はただ柔らかくしたいとか硬くしたいではなく、1日で1000Km以上を走破する際に最大限の疲労低減を目指しています。長距離走を行うとシートの良し悪しはかなり分かる様になります。通常2時間程度は痛みを感じません。しかしそれ以上になってくると1時間おきの休憩が必須となります。安く作られたシートほどその傾向が顕著になります。
 K2プロジェクト様の提案するシートの発泡材はそれらが上手く合わさっており、500Km程は痛くならないそうです。実際に当社のお客様で施工した事例があり、私も乗らせて頂きましたが柏から横浜までの距離でもその違いを実感できるほど良い変化を感じ取れました。

 完成たらブログと動画で印象を話しますので、楽しみにお待ちください。

特殊工具を作りました。

 オーリンズの、部品を取り外す特殊工具を作りました。

 減衰調整機構を着脱するためですが、これまで使ってきた品は創業当初に手作りした”なんとか外せる程度の品”でありとても効率が良いとは言えませんでした。

 そこで写真からも分かる通りトルクレンチも使える様にしてありますし、ソケットが使えるということは早回しにも対応しています。その他にリザーブタンクやホースがある状況においてもそれらに邪魔されずに早回しが行えるので、とても効率が良い=気が楽になりました。

 こういった手合いの品をこれからも量産して作業性を高めたいと思います。

202110419338.JPG

202110419242.JPG

QJ-1のオーバーホール

 ここ最近はQJ-1の依頼が続いて入ってきました。

 純日本産のダンパですが、創っていた方(いまは亡くなってしまったそうです)はクアンタムの代理店で働いていた方だそうで、その造りは酷似しています。

 色々と寸法上で問題があり、少しづつ加工を行いながら分解組み立て作業を行いますが、ガスバルブの仕組みが特に問題で「ガスが入らない」または「ガスが早期に抜ける」といった事が起こります。減衰を発生するピストンに載るシムも問題で、これはバネ鋼かリボン鋼を用いるそうなのですが耐久性の低い製品を使っているため、シムが割れやすくなっています。予算が許せばこれらも大手メーカーの製品に交換して耐久性を確保しつつもシムの動き自体も改善します。

 十分な資金があればエア抜きも機械化できますから、試してみたいと感じた方は申し出ください。

 

 

2021104185517.JPG2021104185543.JPG2021104185610.JPG2021104185640.JPG

ZX-12Rのアウターチューブ

 以前にも話題にしましたが、12Rのアウターチューブ単体で依頼が入り、ガイドブッシュの高さを変更する加工を行いました。

 純正では高さが8mmとかなり低く、低負荷時の作動性は良好ですが高負荷時には面圧が高まり、動きを阻害するだけでなくインナ表面を著しく傷めます。そこでガイドブッシュの高さを12mmにしてそれらを解消する加工を勧めています。
 この高さは15mmでも十分にアウタの肉厚は確保できるので、試験をする機会があれば試して、問題がなければお客様の依頼に応えます。

 アウターチューブのスライドメタルを二種四個、交換と加工を含め概ね4万円となります。スライドメタルだけの交換も行います。その際は部品代含め1.5万円程度です。

 興味ある方は問い合わせください。

 

 

2021104184630.JPG

S1000XRのローダウン

 車高の高いS1000XRはローダウンの依頼が多く舞い込みます。

 この車両はサイドスタンド時の車両傾斜が大きく、シート高で30mm程度であればサイドスタンドは加工せずにちょうど良い角度に収まります。

 今回は前後ショックをローダウンして前後均等に車高を下げ、足つきと操舵性を確保しました。電子制御の前後ショックですが何度も作業を行った経験から、かなりすんなりと終わらせられました。

 30mm程度のシート高ローダウンであれば概ね25万円程度で収まりますので、興味ある方は相談ください。

 

 

2021104193320.JPG2021104193339.JPG2021104193356.JPG2021104193412.JPG2021104193435.JPG2021104193250.JPG

2021104183850.JPG2021104183915.JPG

ページ上部へ